FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

クリスマスシーズン

泊まり勤務に入った本日は、屋根裏部屋からストーブを下ろすなど本格的な冬の到来に備えて荷物の入れ替えをしたついでに、クリスマスツリーも下ろして飾ったり、新たにツリーにつるすオーナメントを作ってもらったりしました。

この本物の木そっくりにつくられたツリーは昨年12月の半ば、クリスマスまでほんの1週間となったころに購入しましたが、今年はずっと早く我が家もクリスマスシーズンに入ったというわけです。

BL171123クリスマス飾り2IMG_8154 (2)  BL171123クリスマス飾り2IMG_8154 (1)  BL171123クリスマス飾り3IMG_8164

クリスマスツリーにオーナメントを飾り付ける作業は、4歳の息子と2歳の娘がせっせと進めてくれました。
おかげであまり手を出す必要もなかったのですが、出来上がってみると、LEDライトの電飾を前もってセットしておくのを忘れていたことに気づきました。かといって、せっかく子どもたちが飾ってくれたオーナメントを外してしまうわけにもいかず、電飾は今後クリスマスがもった近づいたころにタイミングを見はからって取り付けることにします。

オーナメントのうち新しく加わったリース型の2つは、今年の新作。家の近所で子どもらと集めてきたドングリや、しばらく前のバイク通勤の際に淀川河川敷公園で私が採ってきた綿の花が使われています。
また玄関に飾る予定の去年の手作りリースは、取り付けていたドングリの幾つかが落ちてしまっていましたが、これもまた新たなドングリを付けて補修しました。

ドングリは都会ではなかなか見なくなっているようですが、我が家の近所では神社の森や、家のすぐ前の林にカシやアベマキの木がたくさん生えていて、いわば採り放題。
ハイシーズンには、家の前で高い位置のこずえから地面にパチパチと音をたてて次々に落ちてくるのを見ることもできます。
それもそのはず、このあたりには野生の小動物も多く、イタチがゴミ箱のフタから忍び込んだり、先日は家の斜め前にある小公園に子どものタヌキが迷い込んできていました。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する