FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

コチャン牟陽城祭9

連休をいただいて目いっぱい遊んでしまうと、遊び疲れが残るうえ身も心も遊びモードになって日常に戻るのがしんどいものですが、本日はシフト勤務の中でも最もきつくなる昼すぎからの出番で、しかもそれに先立って父の見舞いに病院にも行ったため、またハードな1日となりました。

こんな毎日を送っているからこそ、鏡に映る自分の顔がどんどんしわくちゃになり、頭も薄く白くなっていくのも当然のことだと観念しますが、それでも、自分とは逆にどんどん成長してくれる子どもたちがいることでエネルギーが補給されるように感じます。
それに何より、自分と同じ年代の知人らの中には、有り余るほどの時間を自由にできる人たちもいますが、生来貧乏性の私としては、そんな生活になったらなったで、ちょっと寂しく物足りなく感じることになりそうですので、こうして遊びにも仕事にも家庭生活にもすべて忙しく目いっぱいに走っているのが性に合っているのでしょう。

※※※

そんなわけで今年もあっという間に年の瀬。取り置きになったままの写真をすべてアップするのは無理になってしまいましたが、10月に韓国・コチャンを訪問した際の写真の掲載を続けます。
コチャンの名誉郡民証を授与された「郡民の日」を含めて開かれていた「コチャン牟陽城祭(モヤンソンジェ)」の写真は本日分を合わせて残り4回分。ラスト4となった本日分は、コチャン邑城(ウプソン)=牟陽城の前にある「パンソリ博物館」や、郊外にある「コインドル博物館」を訪ねた際の写真12枚です。

BL171028牟陽城祭9-1IMG_7042  BL171028牟陽城祭9-2IMG_7043  BL171028牟陽城祭9-3IMG_7047

BL171028牟陽城祭9-4IMG_7050  BL171028牟陽城祭9-5IMG_7051  BL171028牟陽城祭9-6IMG_7057

BL171028牟陽城祭9-9IMG_7071     BL171028牟陽城祭9-8IMG_7069     BL171028牟陽城祭9-7IMG_7061   

BL171028牟陽城祭9-11IMG_7083  BL171028牟陽城祭9-10IMG_7065  BL171028牟陽城祭9-12IMG_7080

パンソリは、「1人で演じるオペラ」とも称される口承の伝統芸能で、コチャンはその揺籃の地とされています。
そのパンソリや歌い手に関して、日本の植民地時代につくられたレコードなど様々な資料を展示するパンソリ博物館には、以前も訪問していますが、今回は韓国通の暢子さん、佳さんが初のコチャン訪問となったため、案内役のソンネさんも一緒に再度入館することになりました。

博物館近くのホールではまた、本格的なパンソリの公演が開かれていて、こちらも少し鑑賞することに。
生のパンソリの公演を観るのは初めてで、今回は城壁を歩く踏城ノリにパンソリ公演と、いつか見たいと思っていた行事も立て続けに見ることもできた特別なコチャン訪問となりました。
こうして願っていることが実現して、あっという間にそれが過去の出来事になってしまうと、それはそれで寂しいものですが、人生のすべてはそんなもの。夢を抱くことを楽しみ、それが実現した瞬間をもっと楽しみ、過ぎ去ってからも少しだけ振り返って楽しみながら、次の夢を抱き続けることしかありません。

世界遺産にもなっている青銅器時代の巨石を積んだ墓、コインドル(支石墓)群の遺跡公園はコインドルマラソンのフルの10キロ過ぎと30キロ過ぎ、ハーフの折り返し点になりますが、この日の夕方には、マラソンには参加できない暢子さん、佳さんと一緒に遺跡公園の訪問に先立って、公園の端にある博物館も再訪することにしました。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する