FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

また高山からラン2

本日は、泊まり勤務明け翌日で休みをいただいていましたが、昨日の仕事帰りに山越えのランニング帰宅をして疲れが出たこともあって朝寝坊に続き昼寝までする始末で、外に出たのは夕方娘を連れて近所の散歩をしただけにとどまりました。
若いころは泊まり勤務に入る前に動き回り、泊まり明けでハーフマラソンを走ったり長距離の練習をしたりしても平気でしたが、年を食うに連れて回復力がどんどん落ちて、このところは泊まりの前に必ず昼寝をしたくなるうえ、明けで少し頑張ると、そのツケが翌日に回ってくるようです。

そんなわけで本日掲載するのは、昨日の帰宅ランの際に撮った写真の残り6枚。コース後半に通った生駒山地の星田園地や、麓にある星田妙見宮などの様子です。

BL180214北生駒からラン2-1IMG_5591  BL180214北生駒からラン2-2IMG_5604  BL180214北生駒からラン2-3IMG_5594

BL180214北生駒からラン2-4IMG_5609  BL180214北生駒からラン2-5IMG_5607  BL180214北生駒からラン2-6IMG_5618

星田園地では、人気スポットである谷間に架かる長大なつり橋「星のブランコ」を渡ってきましたが、今回は橋を渡る際の写真は割愛し、その前の展望台から橋を絡めて撮った大阪平野北部の眺望を掲載するにとどめました。

6枚中3枚は、星田妙見宮の写真。この神社のご神体も、先に紹介した磐船神社と同じく巨大な石で、その名も「織女石(たなばたいし)」。天野川流域に散在する、七夕伝説にゆかりがあるとされるスポットのうちメインの1つである星田妙見宮には、星が降りてきたという言い伝えもあって、境内に落ちる滝を囲んだ馬蹄形の地形が、古代に隕石が落ちた跡だとする説もあるそうです。
さらに下って行った星田の集落の中にある星田神社も、この星田妙見宮と関連した社とされています。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する