FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

4カ月ぶりジテツー

娘が3回目のひな祭りを迎えた昨日、私自身は昨秋以来、なんと約4カ月ぶりにロードバイクに乗って職場を往復する自転車通勤(ジテツー)を再開しました。
朝早くからの勤務となった昨日は、オレンジ色の朝日を浴びながら淀川河川敷や大川沿いの自転車道を走り、河川敷が終わる15キロ手前で、お決まりの大阪都心のビル群にカメラを向けるなどしました。

BL180303バイク通勤再開1IMG_5779  BL180303バイク通勤再開2IMG_5777  BL180303バイク通勤再開3IMG_5780

バイク通勤をさぼることになったきっかけはまず昨年11月中旬以降、韓国・コチャン、大阪、奈良、それに京都と、写真を撮りながらのファンランではあるもののフルマラソンを続けて走ることになって、トレーニングをバイクからランへとシフトしたこと。それに加え11月下旬からは父と母が立て続けに骨折して入院することになって、練習時間そのものがほとんどなくなり、気持ちにも余裕がなくなってしまったこと。
さらにこの冬、特に厳しかった寒さにも負けて、いったん乗らなくなったバイクに再び乗る気がなかなか起こらなくなりました。

しかし気が付いてみると、おへその周りについた皮下脂肪はみるみる膨れ上がってきて、怖くて体重計に乗るのもはばかられるほどになっていました。
電車通勤に切り替え、駅までの1.3キロほどを急いで走ることで、マラソンを走る基本的な走力はギリギリのところで維持できていたものの、それはほんの7分前後だけの運動。往復で2時間近くをかけてペダルをこぐバイク通勤に比べると費やす熱量が格段に落ち込んでいたのは明らかです。

そのためこの間、なんとかバイク通勤を再開すべく、その機会をうかがっていたところ、マラソンシーズンの区切りとして先日走った寝屋川ハーフマラソンの際、会場までをバイクで往復し、久々にタイヤに空気を入れるなどしてバイクをすぐに動かせる状態に戻すことができました。
さらに日が長く、気温も暖かくなったうえ、父や母もようやく近々退院できることになって、ようやくバイク通勤の再開に踏み切ることになったというわけです。

そして実際に朝の景色の中にこぎだしてみると、朝日も風も気持ちよく、長いブランクはあったものの、以前とほぼ同じスピードを出して進むこともできました。これでようやく、少し新しい気分で春を迎えることができそうです。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する