FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

雨雲から逃げきれず

本日は、昨夜遅くに帰宅したというのに早朝に家を出るという変則のシフトとなり、しかも昼過ぎから夕方にかけて雨が降り始めるという予報でしたが、いつも通りにロードバイクに乗って片道20キロを通勤しました。

相変わらず日ごろの運動はほぼバイク通勤のみなのに、相変わらずほぼ毎日の晩酌を欠かさないという生活を続けてきた結果、これまでなんとか維持してきたスリムな体型がついに崩れ始め、人生で初めてお腹周りの脂肪が少しずつ膨れてきていますので、バイクに乗る貴重な時間を無駄にできないと思ったのです。
それに、ようやく暖かくなったことから、雨に降られたとしてもそれはそれで、体が冷える前には帰宅できるだろうと思えたからでもあります。

BL180417バイク帰宅1IMG_0867  BL180417バイク帰宅2IMG_0863  BL180417バイク帰宅3IMG_0881

BL180417バイク帰宅4IMG_0885  BL180417バイク帰宅5IMG_0859  BL180417バイク帰宅6IMG_0875

そして夕方前、帰路に就いてみると空には黒っぽく筋状になった雨雲が垂れ込めてはいましたが、雨粒が落ちるには至っていませんでした。後半になってようやくポツリポツリと雨が落ちてきたものの濡れるほどではなく「これで逃げ切れた」と一安心。
それならと思い立って少し遠回りをして駅前の行きつけの酒屋さんに行き、新しい日本酒の一升瓶をゲットしたのですが、なんと店を出たとたん、せきを切ったように大粒の雨がどっと落ちてきてしまい、最後の最後でびしょ濡れになってしまいました。

まあ、それでも濡れた時間はほんの5分たらずで、すぐに風呂に入って温まれたから良かったわけですが、何事も途中で気を緩めて詰めを甘くしてしまうと、思わぬしっぺ返しを食うものだということを思い知らされたというわけです。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する