FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

ヨモギ&スギナ採集

新しく借りた自宅そばの家庭菜園で来月初めに予定している苗の植え付けに備え、本日は泊まり勤務に先立つ午前中、有機無農薬栽培に使うための発酵液をつくるため、その材料となるヨモギとスギナを採集してきました。

BL180426ヨモギ&スギナ1IMG_0995  BL180426ヨモギ&スギナ2IMG_1004  BL180426ヨモギ&スギナ3IMG_1009

ヨモギの発酵液は、「天恵緑汁」と呼ばれて古くから液肥として使われています。
またスギナの発酵液の方は、野菜の病気を防ぐ効果があるとされ、いずれも水に薄めて散布します。

本などを参考に有機無農薬栽培への挑戦を始めた昨年もヨモギとスギナの発酵液をつくってみましたが、山菜採りのついでに採集した量は限られ、出来上がりもわずかだったため効果を確かめられるほど使うことができませんでした。
そこで今年は事前に、ロードバイクに乗って通勤するコースの淀川沿いでヨモギとスギナの双方をゲットできるうえ無料駐車場が近くにある堤防をチェック。本日、満を持して採集に出かけたというわけです。

ヨモギは、春に伸びる新芽の部分に酵素が多量に含まれるとされるため、柔らかい葉先だけを採集するのには時間がかかりましたが、そのままヨモギもちか蒸しパンにしたいぐらい美味しそうな若葉をどっさりゲット。
スギナも新しく伸びてきたばかりのみずみずしい葉を大量に採ることができました。

発酵液の仕込みに使う黒砂糖は普通のスーパーで買うと高価ですが、帰りがけに寄った業務スーパーでは割安に購入。
午後の出勤前になんとか仕込みを終えることができました。
そうそう、これに先立って昨シーズンも何回かつくった米ぬかを主な原料とする有機肥料の「ぼかし」も、自家精米によってたまった大量の米ぬかを使って先日仕込んでいて、遅ればせながら夏野菜の栽培の準備が整ってきました。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する