FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

まだまだマメの収穫

本日は朝早くからの仕事で、当初は久々にロードバイクに乗って通勤しようと思っていましたが、朝寝坊をしたため電車通勤となりました。一昨日の泊まり勤務明けで夕方まで仕事をしたダメージが大きかったようで、体のしんに疲れがたまっていた感じがあり、無理をしなくてよかったとも言えそうです。

そんなわけで本日のところは昨日撮った写真の残りを掲載することにします。
自宅近くの家庭菜園で野菜の種まきをした後、収穫したサヤインゲンやソラマメの写真などです。

BL180510タケノコ&豆1IMG_1124  BL180510タケノコ&豆2IMG_1126  BL180510タケノコ&豆3IMG_1120

BL180510タケノコ&豆4IMG_3761  BL180510タケノコ&豆5IMG_3752  BL180510タケノコ&豆6IMG_3763

昨日は種まきに先立って、先月幼稚園に入ったばかりの息子が最寄り駅から1駅先にある「ひらパー」ことひらかたパークに初めての遠足に出かけ、彼の手を引いて集合場所の駅まで見送りに行きました。

その帰りには、たまに通る一部トレイルの近道をたどり、その途中で道に面した住宅や寺の植え込みの花にカメラを向けました。
また100メートルほどのトレイルでは、道の真ん中に細いタケノコが伸びていて、道のわきの竹ヤブの中に入るのははばかられても、これをいただくのは問題ないものと考えて、いただくことにしました。

畑では、サヤインゲンは収穫の盛りが過ぎて、元気に茂っていた葉も半分ほどが黄色っぽくなってきていますが、ソラマメの方はまだまだ次々に新しいサヤが大きくなっています。
この時期はどこの畑を見てもサヤインゲンやソラマメのツルが背丈ほどに伸びて生け垣のようになっていますが、それでもスーパーでこれらのマメを見ると、それなりの価格で売られています。家庭菜園の借地代や苗や種、資材の費用、それに膨大な手間暇を考えると、畑づくりは元が取れるどころか完全な持ち出しだと言えますが、ほぼ放任していてもこれだけの収量があるマメに関しては、その費用対効果はかなりイイ線を行っているようです。
それにやはり取れたての甘くて美味しいマメをいただくのは至福の時間です。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する