FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

晩酌はビール&お酒

幼い子どもたちのいる生活の中では普段、外食や外飲みの機会はほとんどありませんが、子どもたちと一緒に囲む夕方の食卓での晩酌は心も体も癒してくれます。

そして晩酌の友となるのは、とりあえずのビールと、美味しい酒を求めて深い森のような世界を渉猟しながら、いまだに楽しみが尽きない日本酒です。
といっても、それぞれ毎日のようにいただくものだけに、手頃な値段で美味しいものに越したことはなく、そこを追求するのがまた楽しみとなっています。

    BL180514お酒2IMG_3870  BL180523お酒3IMG_4228  BL180525お酒1IMG_4253

BL180523お酒1IMG_4225  BL180525お酒2IMG_4243  BL180525お酒3IMG_4238

このところいただいているビールや日本酒の写真を並べてみましたが、その中でメインとなっているのは、1升瓶の純米の生酒で、同じシリーズの黒と白のラベルを続けてゲットした「EMISHIKI Sensation」。滋賀・甲賀市の「笑四季酒造」のお酒です。

4合瓶に比べて割安な1升瓶のお酒とはいえ、1本2500円以上するようでは財布にこたえますし、ある程度高いお酒が美味しいのは当たり前で、選ぶ楽しみが小さくなるというもの。
そんななか、この笑四季のシリーズは2200円(税別)というリーズナブルな値段の割に、香りも酸味も抜群で、食中酒としていただくには定番としたくなるほど。このところは、このシリーズの1升瓶と平行して、もう1本の4合瓶のお酒を飲み比べるというのがパターンとなっています。

そして飲み比べるとなると、やはり似たタイプのお酒よりは別のタイプの方が楽しいわけで、本日、EMISHIKIの白ラベルと一緒にゲットしてきたのは、やはり信頼感のある酒造の1つである岡山・倉敷の十八盛がつくる「多賀治」のにごり生原酒。
シュワシュワと発泡する活性の濁り酒でありながら純米吟醸づくりで、香りも味のキレも格別です。

ビールはこのところ、割安であって缶より美味しいように思えてきた瓶ビールがメインですが、こちらも本格ビールでありながら通常価格の1銘柄に、さほど高くないプレミアな別の銘柄を組み合わせながらいただいています。
と、なんだかんだごたくを並べながら、結局のところはビールとお酒が飲めれば良いようなところもあり、先日は日本酒がきれた日の夜、帰り道にコンビニで缶のお酒をゲットしてしまいました。

写真も掲載したこのお酒は、知る人ぞ知る「元祖生原酒」の「菊水ふなぐち一番しぼり」。新潟・新発田のお酒で、1972年に初めて量販店に出回った缶入り生原酒です。
私は40年近く前の大学生時代、1人で東北の山を2週間にわたって歩き回った後に夜行列車で帰阪する途中、新潟駅でこのお酒をゲットして以来のファンで、トロリと濃厚な味を楽しむたび、そのときのことを思い出します。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する