FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

バイクウエア・泥よけ

梅雨らしい天気が続くなどして、ほぼ唯一のトレーニングとなっているロードバイクでの自転車通勤は頻度が落ちていますが、午後からの勤務となった本日は夜まで天気が持ちそうな予報だったため、帰路が真っ暗になるのは分かっていながらジテツウを決行しました。

BL180621バイクウエア&泥除け1IMG_6014  BL180621バイクウエア&泥除け2IMG_6022  BL180621バイクウエア&泥除け3IMG_6021

このところ断続的に降った雨によって通勤コースのメイン部分である淀川河川敷では、一部の区間で水たまりが連続することも分かっていましたが、本日は、ちょっとした「新兵器」が活躍してくれました。

それはバイクの前輪の近くに取り付けた泥よけ。ネットで1000円余りでゲットした軽量のプラスチック製で、フレームにゴムバンドで設置できる簡便なものですが、これがあるとないとでは大違いでした。
これまでは雨降りや雨上がりに河川敷を走ると、水や泥がはねてフレームやフレームに取り付けたバイクボトルが泥だらけになるばかりか、ウエアの前面も汚れてしまいました。それが泥よけをつけてみると、シューズが濡れることこそ防げないものの、ウエアが汚れることもなく、バイクボトルもきれいなまま走ることができました。

そのバイクウエアは、このところ上下ともバイク専用のものを使っています。
そのうちパンツは肩ベルトと一体となった「ビブパンツ」と呼ばれるもの。外見はレスリングの選手が着用するウエアのような、いわば「つなぎ」です。前傾姿勢をとり続けるバイクライドでは、普通のタイツ型のパンツだと腹部の圧迫感から逃れることができませんが、このビブパンツでは圧迫感はゼロになり、その快適さは一度はまると手放せなくなります。

また以前はランニング用のTシャツやポロシャツで代用していた上着も、バイク用のジャージを使っています。
こちらは袖口や首回り、胴回りがタイトめで、風を切って走ってもばたつかないのに加え、ウエストの後部にある大きなポケットが便利で、ここにミニタオルやキー、職場ビルの入館証などを入れるのに慣れてしまうと、これまたポケットなしのシャツなどには戻れなくなってしまいます。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する