FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

5年ぶり蒲郡を完走

本日は、愛知県で開かれた蒲郡オレンジトライアスロンに5年ぶりに参加し、東京からいらした明走会トライアスロン部の仲間、俊介さんとともに無事ゴールを果たしました。

レースは2週間前に出た大阪城トライアスロンと同じスタンダードタイプで、スイム1.5キロ、バイク40キロ、ラン10キロ。タイムは3時間5分18秒で、完走した549人中420位、男性504人中386位、50代後半の男性では52人中37位。今回も目標の3時間を切れませんでしたが、またまた途中でトイレに行ったり、スイム会場からバイクを置くトランジションエリアまで約500メートルもあったりしたことを考えると、なんとか及第点かもしれません。

と言いますか、相変わらずほぼバイク通勤しかしていないという練習不足のなかで気持ちよくゴールできたのは不思議なぐらいで、一緒に来てくれた息子の応援がパワーになったようです。

BL180624蒲郡トラ1DSC00925  BL180624蒲郡トラ2DSC_5395  BL180624蒲郡トラ3DSC00919  BL180624蒲郡トラ4DSC00927

各パートのラップはスイムが37分46秒(全体の461位)で大阪城より少し速く、途中でトイレに行ったランが1時間2分5秒(452位)で少し遅いながらほぼ同程度。バイクは1時間17分42秒(319位)で平均時速30キロオーバーで走れたものの、トランジションの7分45秒を含めると1時間25分27秒と3分ほど遅かったのですが、大阪城ではバイクの距離が3キロ短かったことや今回のトランジションまでの距離が長かったことを考えると、今回の方がやや速いぐらい。

結局のところ大阪城で体が慣れていた効果があってか、全体からみた順位の割合でみると、今回の方がややマシなパフォーマンスだったようです。
とはいえ、スイムは相変わらず低迷したまま、かつて得意だったランも1キロ6分のペースですら走れないというのは、年を食ってきているとはいえ情けない限り。ロングタイプの宮古島の大会に出場し、100キロマラソンも完走した後だった5年前の蒲郡では、ランが5キロ22分台だったことを振り返ると、この間の成績の落ち込みようは目を覆うばかりです。

今シーズンはとりあえず来月、明走会の仲間と一緒に参加する恒例の静岡・沼津のスプリントのレースがあるだけですが、残すところ2年余りとなった50代の最後のあがきをする足がかりとして、少しマシなパフォーマンスを示せるように今後、もう少し練習してみようと思います。

それはそうとレース中は、昨年までの沼津の大会などと同様、今回も俊介さんの奥さまが、ご友人とともに息子の付き添いをしてくださり、そのおかげで息子との旅行が実現し、彼の応援も受けられたわけで、心から感謝しています。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する