FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

大阪ちょっとだけ応援

本日は大阪マラソンが開かれましたが、抽選に落ちた私は泊り勤務明けで、職場のすぐそばのコースに出て応援することもなりませんでしたが、仕事終わりに地下鉄に乗ってコースの後半まで行き、仲間らをちょっとだけ応援することができました。

BL181125大阪マラソン1IMG_9077  BL181125大阪マラソン2IMG_9081  BL181125大阪マラソン3IMG_9082  181126大阪マラソン西村さんIMG_9083

職場そばの土佐堀通は10キロ前後にランナーが2度通る往復路で、午前10時前からにぎわいましたが、その様子は仕事中にトイレに立った際、窓越しに見ることしかできませんでした。
当初は応援をあきらめていましたが、11時に仕事を終えてから地下鉄に乗って通天閣近くの恵美須町まで行くと4時間ほどで走るランナーには追いつくことが分かり、出かけてみました。

すると、ご夫婦そろってiPS細胞研究を支援するチャリティー枠で走られたチーム55の仲間、ユカさんとアラタさんのうちユカさんは時間的には間に合っていたものの見つけそびれてしまいましたが、その後にいらしたアラタさんは先に私を見つけてくれて、斜め後ろからではあるものの写真も撮ることができました。

また明走会の仲間のうちトライアスロン部の敏仁さんと、先日一緒に韓国・コチャンに行ったばかりの祐子さんも私に気づいてくれて、声を交わし写真を撮らせてもらいました。
後から調べてみると、このほかにも何人もの仲間や知り合いのランナーが出ていましたが、そもそも応援ができると思っていなかったため事前に連絡を取ることもせず、大勢のランナーの中で見つけることはできなかったようです。

自分が落選したうえ、腰痛や足のしびれでまともに走れない状態であることから少しばかり腐っていたことも、あえて休みを取るなどして応援に出かけなかった理由なのですが、せっかく大阪にいながら地元の仲間や遠方から来てくれる仲間を応援しないというのはやはり大人気なく、申し訳なくもあります。
自分も一緒に走れるのが一番なのですが来年以降は、落選してもやはりちゃんと沿道に出かけられるようにしたいと思います。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する