FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

光のタワー「競演」

かれこれ3週間もぐずつき続けているカゼはいまだにスッキリしませんが、今朝は出勤ランを再開しました。
ノドやハナはつらいものの、体は動くような気がしたからで、そんなときはむしろ走って血流や新陳代謝を良くした方が体調が上向くことを経験的に知っているからです。
外はすっかり涼しくなって、抜けるような青空、澄んだ空気はすっかり秋でしたが、体も気持ち良く動いたため立ち止まって写真を撮る気にはならず、日が暮れてから少し後悔しました。

そこで本日のネタは昨日に引き続き現代アートの祭典「あいちトリエンナーレ2010」に「出品」された巨大な光のタワー「spectra[nagoya](スペクトラナゴヤ)」です。
この作品がつくられるのは2日間だけ。
曇り空の昨日と晴天の本日で、見え方がどんなふうに違うのか気になりながら仕事を終えた夕刻、すっかり暗くなった街に出て、見納めとなるタワーの様子を見上げました。

BL0925スペクトラ2-1RIMG0150  BL0925スペクトラ2-2RIMG0184  BL0925スペクトラ2-3RIMG0187

職場を出て近くにある名古屋城の外濠沿いの歩道から見上げると、光のタワーは少し青白く、真っ直ぐ空に伸びる様子は昨日よりも勢いが良いように感じました(左)。
昨日は光が低い雲にぶつかって、そこで円盤状に広がり、その先は見えなくなっていましたが、本日は晴天とあって光は空高くどこまでも伸びてフェイドアウトしています。
もやに反射・拡散して、ぼんやり太く見えた昨日より、本日の光はよりコントラストが高くシャープでした。
造形としてのおもしろさは昨日の方がありましたが、スケール感は本日の方が勝っている感じがして、自然のコンディションで表情を変える作品を2日続けて見ることができて良かったと実感しました。

光が放たれる名古屋城内の様子は昨日たんのうしていましたので、本日はウオーキングで帰宅する途中に名古屋のシンボル・テレビ塔と一緒に光のタワーを見ようとテレビ塔のたつ久屋大通の公園を南下しました。
光のタワーとテレビ塔による「タワーの競演」がどんなふうに見えるか興味があったからです。
そして向かった先は、テレビ塔を水面に映す水をたたえた大屋根がある栄地区の総合施設「オアシス21」。
トリエンナーレの主要会場である「愛知芸術文化センター」に隣接し、現代アートの大御所・草間彌生さんの作品が展示されている場所です。

オアシス21の「水盤」の前に来ると、期待どおりテレビ塔と光のタワーが並びたつのが見えました(中央)。
今夜だけしか見えないスペシャルな光景だと思うと、普段以上に幻想的な雰囲気に包まれる感じでした。
名古屋城からは2キロほど離れていますので、光のタワーの光量はかなり落ちて、テレビ塔に見劣りします。
自分の目で見ている分には、目が「補正」をかけてくれるため、いい勝負の「競演」なのですが、写真に撮ってみると光のタワーは夜空に消え入りそうな感じ。
そこで画像編集ソフト上で、光の筋の部分だけ選択して明るくしてみましたが、光のエッジが立って不自然。
いくら何でも補正の範囲を越えていましたので、元に戻すことにしました。

水盤の南側には、先日も紹介した草間さんの作品であるカーブミラーが水中に並んでいます(右)。
このミラーの中にも、それぞれテレビ塔と光のタワーが仲良く並んでいたのですが、やはり光の方はうっすらとしています。これもまた、目をこらしてご覧いただきたく思います。

ということで、2日きりでなくなってしまう美しくも寂しくも潔くもある光のタワー「スペクトラナゴヤ」を、ほとんどフルコースで楽しみました。
それでも、まだ名残惜しくて、帰宅する途中に何度も後ろを振り返って空を見上げたのですが、光はどんどんうすれて寂しさを増すだけでした。
代わりに東の空からは円形に近い丸々とした明るい月が昇ってきて、秋本番を感じさせてくれました。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する