FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

ミートスパに吟醸酒

休みをいただいた本日は昼ごろ久々に近所をジョギングし、その途中で京阪・香里園駅前にある行きつけの日本酒専門店に寄って新しい1升瓶の純米吟醸生酒をゲット。昨日は量販店で瓶ビールのケースや缶ビールも買い込んでいて、これでまた当面の晩酌の友がそろったというわけです。

その日本酒やビールと一緒に撮った写真の1枚は、3歳の娘のリクエストで夕食のテーブルにのったミートボールのスパゲッティ。
私はおこぼれを一口つまみにいただいただけですが、フルーティーな日本酒はどんな料理とも相性良く楽しめます。

BL190124夕食1IMG_9007  BL190124夕食2IMG_9060  BL190124夕食3IMG_9038

ブルーが基調の水彩画風デザインのラベルもきれいな日本酒は、滋賀の笑四季酒造による新シリーズ「竹島榮三郎」の「玉栄 生」。
初代蔵元の名前を冠し、滋賀県産の米・玉栄を50%精米して醸した純米吟醸酒で、昨シーズンに続けていただいたリーズナブルで美味しい「Sensation」シリーズの黒ラベル・白ラベルよりワンランク上とされるものの、それでもスペックからすると安価な方。
酸味がきいて華のある吟醸香が広がるまろやかな味わいは、食中酒としてもその後にそのままいただいても美味しく、ブルーのラベルを眺め琵琶湖の景色に思いをはせながら晩酌を楽しむことができます。

昨日は日本の元祖プレミアム・クラフトビールである「ハートランド」の中瓶を新たに1ケース買い込んできましたが、同時にゲットしておいたのは同じキリンの季節限定のリーズナブルなクラフトビール「とれたてホップ」。普通の大瓶並みの値段で格段に新鮮な香りが立つこのビールもお気に入りで、昨秋はこれも大瓶でケース買いしましたが残念ながら瓶は売り切れ、売れ残った缶がさらに安く売られていたため買い占めてきました。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する