FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

淀川で早や土筆摘み

昨日は息子を連れて淀川の土手につくし摘みに行きました。例年に比べると1週間ほど早いように思いましたが、暖冬の影響からか、ちょうど先頭グループが伸びてきたところで、2人で30分足らずのうちに100本ほどを摘むことができました。

これに先立つ午前中は息子の幼稚園でお別れの運動会が開催。競技に続く茶話会の際、教室で子どもたちが制作中のつくしの切り絵や参考書の絵本を見ていたこともあり、夕方のスイミングスクールまでの短い時間ではありましたが、彼にせがまれて二つ返事で淀川に行ってみることにしました。お友だちの切り絵は緑のつくしばかりで息子のだけが茶色でしたが、実際のつくしは帽子の割れ目から見える胞子やハカマの根元以外ほぼ茶色で、毎年つくし摘みをしている彼の方がリアルだったことが分かりました。

河川敷の駐車場から500メートルほどを自転車で移動した息子は自己最高スピードの32キロも記録。夕食では自身がリクエストしたつくしの天ぷらもたくさん食べて、幼稚園に持っていく話題をあれこれと仕込むことができました。

BL190306つくし摘み1IMG_1678  BL190306つくし摘み2IMG_1672  BL190306つくし摘み3IMG_1680

BL190306つくし摘み4IMG_9741  BL190306つくし摘み5IMG_9747  BL190306つくし摘み6IMG_9733

つくしを持って喜ぶ私の写真は息子に撮ってもらった1枚。彼は日々テーブルの料理などを私の真似をして撮っているだけあって、「良く撮れたと思うわ」と言う通り、なかなか上手でした。

夕食時には天ぷらになったつくしのほか、土鍋で炊いたご飯に一緒に採ってきたヨモギを交ぜたヨモギご飯もいただきました。ヨモギも息子が「これも採るわ」と言って摘み、家庭菜園で花が開き始めたブロッコリーもいただいて春の香りと味を楽しみました。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する