FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

桜に早く吉野再訪1

花冷えという言葉がぴったりの肌寒い日が続きましたが、ようやく春めいた暖かさが戻り大阪の桜もいよいよ満開を迎えようかという本日、関西屈指の桜の名所として知られる奈良・吉野山を昨年に続き1泊の家族旅行で再訪しました。

BL190405吉野1-1P1020862  BL190405吉野1-2P1020889  BL190405吉野1-3P1020866

BL190405吉野1-4P1020873  BL190405吉野1-5P1020891  BL190405吉野1-6P1020869

BL190405吉野1-7P1020914  BL190405吉野1-8P1020932  BL190405吉野1-9P1020908

昨年、吉野を訪れたのは4月1日でしたが暖冬の影響で例年より2週間ほども桜の開花が早まり、山桜は中腹でちょうど満開を迎えていて、「一目千本」と言われる圧巻の景色を心ゆくまで満喫することができました。それに味を占めた今年も、先月初めごろ暖かい日が続いたことから「今年も桜が早まるに違いない」と思い込み、ちょうど休みを取れそうな本日・5日から宿を予約しておきました。昨年よりは4日遅いわけですが、いい頃合いになりそうな予感がしたのです。

ところが先月下旬から続いた寒さで、その予感は見事に裏切られ、吉野より10日は開花時期が早いはずの大阪の桜さえようやく見ごろを迎える時期に、満開の桜に背を向けて、まだ咲き始めたばかりの山へと向かったわけです。
昨年に続いて吉野山の中腹「中千本」に宿を取って散策してみると、尾根伝いの町から見る谷や向かい側の斜面の山桜はごくわずかしか咲いていなかったものの、寺社の境内などにあるソメイヨシノやしだれ桜は場所によってそれなりに見ごろとなっていて、春本番の雰囲気は十分。山の中でもポカポカと暖かい日よりになったのは何よりで、ぜいたくな連休の1日目を過ごすことができました。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する