FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

台風乗り越え背割提

ちょうど先始めたころから肌寒い日が続き、いつも以上に長持ちした大阪の桜も昨日の雨で見ごろを過ぎてしまったものと思われますが、長々と「桜しばり」のようになっているこのブログの桜ネタはまだ続きます。

といいましても本日紹介する写真は吉野山を再訪する前日の今月4日、ロードバイクに乗ってお花見帰宅ライドを楽しんだのに続き、午後に息子を連れて訪れた京都・八幡市の桜の名所「背割堤」で撮ったもの。1週間前の季節ネタを複数回に分けて小出しにするのもどうかと思いますので、一挙15枚を掲載します。

昨年9月の台風21号の被害はここでも大きく、約240本のソメイヨシノの大木のうち20本が根元から倒れるなどしたと伝えられましたが、倒れるのを免れた桜のほとんども枝が折れるなどして被害を受けたもようで、桜のトンネルの景色は大幅に変わってしまっていました。
この日はまだ満開に至っていなかったとはいえ、桜のトンネルをつくる枝が明らかにまばらで寂しい感じなのです。それでも残った桜は懸命に花を咲かせ、そのけなげなほどの生命力に心を打たれる感じがしました。

BL100404背割堤1P1020712  BL100404背割堤2P1020737  BL100404背割堤9P1020743

BL100404背割堤4P1020729  BL100404背割堤5P1020723  BL100404背割堤6P1020718

BL100404背割堤3P1020744  BL100404背割堤8P1020745  BL100404背割堤7P1020752   

BL100404背割堤10P1020810  BL100404背割堤11P1020775  BL100404背割堤12P1020799

BL100404背割堤13P1020820  BL100404背割堤14P1020805  BL100404背割堤15P1020814

思えば今春の桜は長く楽しめたはずだったのに、大阪で一番見ごろだった週末にわざわざ時期の早い吉野山に出かけ、選挙絡みの仕事もあって満開を楽しむ花見の機会を逸し、わざわざ出かけた背割提では時期が早かったうえに台風被害の後遺症を見せつけられて、100%楽しむことはできずじまいでした。
とはいってもこの間のブログのネタは例年通り桜ばかりで、ふつうの人たちに比べるとそれなりに桜三昧を楽しんでいたのかもしれません。

各地の桜の名所は数知れず、名所でなくて家の近所の桜でもそれぞれに美しく、それをすべて愛でて楽しむことなどそもそも不可能なわけで、それでもあちこちに足を運んでいるうち、あっという間に花の時期は過ぎていきます。

それは、あれこれできるはずでも何かを選び続けなければならず、どんなに楽しんでも楽しい時期はあっという間に過ぎていく人生と似ているようにも思います。そして自分に残された人生の中で桜を楽しむことができるのはあと何回だろうと考えるようになるのは寂しいものの、来年はまた桜を楽しみたい、それまでの季節もそれぞれに楽しみたいと貪欲であるうちは生きながらえさせてもらえるような気もしてきます。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する