FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

菜園、春のマメに花

泊まり勤務となった本日の日中に子どもたちの世話係でしたが、あいにくの雨でハイキングや公園に連れて行くことができず、ショッピングモールに出かけてランチを食べてくるにとどまりました。
というわけで紹介するのは2、3日前に撮った家庭菜園の様子やテーブルにのった取りたての野菜です。

BL190411食卓1IMG_0465  BL190412食卓2IMG_0473  BL190411食卓3IMG_0467

BL190412畑の花1IMG_2695  BL190411食卓2IMG_2686  BL190411食卓3IMG_2690

夏野菜の植え付けを待つ畑で、このところ一気に茂って収穫が始まったのはマメ類の畝。
タマネギと混植するなどしたソラマメはまだ収穫に至っていませんが枝は茂りに茂ってタマネギの勢いを抑えてしまうほど。枝には薄紫の花が次々と咲いています。また昨シーズンのキュウリのネットに絡ませているエンドウもネットのてっぺんに届くほどに伸びて実をつけ始め、毎日の食卓に上るようになっています。

花といえば収穫がほぼ終わったブロッコリーや十分に巻かずじまいだったキャベツも畑に放置しておいたところ、アブラナそっくりの黄色い菜の花を咲かせ、つぼみが開ききる前の花の穂はまだ連日のようにいただいています。
また収穫を終えたハクサイやキャベツなどの株間に植えてあったセロリは少しずつ新しい葉を伸ばして収穫できるようになっているほか、カラスノエンドウの陰になったおかげで柔らかい葉を伸ばし続けているシュンギクもやはり少量ずつですが、お浸しや鍋の具材になってくれています。

一方、イチゴの近くに植えてあるニンニクのうち球根があまり太らない葉ニンニクはそのままでビールのアテになったり炒め物の具になったりしていて、隣の畝に植えたラッキョウも若取りしてみたところエシャレットとしてやはりツマミに美味しくいただけています。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する