FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

名残の桜、ラン帰宅2

本日は夕方前から、昨日までで催しとしては終わった大阪の春の風物詩、造幣局の「桜の通り抜け」を1日遅れで楽しむイベントに参加しましたが、とりあえず掲載するのは昨日、自宅に近い桜の名所を巡って帰宅ランニングをした際の写真アルバムの後半分9枚です。

BL190415星田からラン2-1IMG_2756  BL190415星田からラン2-2IMG_2773  BL190415星田からラン2-3IMG_2758

BL190415星田からラン2-4IMG_2794  BL190415星田からラン2-5IMG_2781  BL190415星田からラン2-6IMG_2789

BL190415星田からラン2-7IMG_2795  BL190415星田からラン2-8IMG_2797  BL190415星田からラン2-9IMG_2805

JR星田駅を出て最初に向かった星田妙見宮近くの川沿いではほとんど散ってしまっていた桜ですが、分水嶺になっている丘陵の住宅地を越えて西側の傍示川沿いではまだまだ散り残っていて、川沿いの桜並木のほか歩道や川面に散った桜のじゅうたんや花筏の様子を撮ることができました。

丘陵の住宅地・南星台では長年クリスマスシーズンに続いていた住民の手作りによるイルミネーションイベント「山ナリエ」が終了してしまいましたが、傍示川沿いの桜並木も隠れた名所と言えるほど見事で、「さくら祭り」が行われるなどして有名な妙見宮の桜に負けないくらいで驚くほど。来年は満開の時期に訪れてみたいと思いました。

しかし続いて巡った寝屋川公園や打上川治水緑地の桜はほぼ散ってしまっていて、芝生の上のタンポポや花壇のチューリップの方にカメラを向けることになりました。

治水緑地を過ぎると、近隣の隠れた桜の名所となっている団地を抜けます。
この団地は私が中学から大学時代まで住んでいた場所で、当時は緑地帯の木々も植えたばかりでさしたる印象もありませんでしたが、いつしか桜の木は巨木と言えるほどまでに育って、花の時期に訪れると目を楽しませてくれます。とはいえ今回は、この団地でも桜の多くは散ってしまい、道路わきの花びらのじゅうたんの方に目が行くほど。

さらに立ち寄った成田山不動尊の桜はまだ咲き残っている木もありましたが、大阪で町中のソメイヨシノを楽しめるのは、今年はこれでほぼ最後になりそうでした。
しかしまあ今年も、花の下でお弁当を広げての花見こそ機会を逸しましたが、咲き始めから散り終わりまで桜をとことん楽しむことになったものだと、自らブログの記事を振り返るだけでもあきれてしまうほど頑張ったものです。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する