FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

1升瓶に小型冷蔵庫

日本酒が大好きな呑み助の私にとって数年来の懸案だった、1升瓶も入るお酒用で2代目の冷蔵庫をこのほどついにゲットしてしまいました。

BL190415日本酒冷蔵庫1IMG_0664  BL190415日本酒冷蔵庫2IMG_0624  BL190415日本酒冷蔵庫3IMG_0658  BL190415日本酒冷蔵庫4IMG_0621

美味しい日本酒は4合瓶よりも割安な1升瓶で楽しみたいものですが、台所にある冷蔵庫は大型といえ1升瓶の入る場所は野菜室くらいで、しかも斜めに入れなければならなず、ただでさえ野菜のスペースを狭めてしまううえ、以前には発泡性の生酒が吹きこぼれてしまうハプニングもありました。
また冬のうちは1升瓶もビールも冷蔵庫代わりとなる縁の下の収納スペースに置いておくことができるものの、暖かくなると消費量が増えるビールまで台所の冷蔵庫に入れるとなるとあまりにもじゃまで、ひんしゅくを買ってしまいます。

かといってお酒専用の冷蔵庫なんて、あまりに贅沢でばかげているようにも思えたうえ、手狭なわりに物がいっぱいある我が家に2台目を置く場所を探すのは困難で、そんなもののために家をいっそう狭くして良いものかどうかも悩ましいところでした。

さらに冷蔵庫といっても、ホテルにあるような冷却性能はほどほどながらコンパクトなペルチェ式や、ショーケース型もある業務用のものもあり、一般の冷蔵庫だと霜のつかない2ドアのファン式か霜取りが必要でも小さ目の直冷式のどちらが良いのかも迷われて、かれこれ2、3年は悩み続けていました。

そしてようやく購入を決断したのは、容量75リットルの直冷式の小型冷蔵庫。
縦横とも40センチ余りとスリムなこの機種なら、ちょうどダイニングの私が座る椅子わきのコーナーにさほどじゃまにならず納まることが分かり、しかもわずか1万5千円ほどと安価だったことも決めてとなりました。

実際に使ってみると収納力は十二分で、1升瓶なら3本も入れることができ、霜取りの際に使う上部のトレイを外してしまうと1回で飲みきれないほどの中瓶や缶のビールを納められるうえ、自家製キムチのタッパウエアや卵だって入ってしまいます。
そして何より食卓についたまま手を伸ばせばドアを開けて、好きなお酒を取り出せるというのは何とも幸せなことです。
また最上部の冷凍スペースにつく霜も、冷却の強度を控えめに設定してドアの開け閉めをすばやくしていれば、うっすらと見える程度以上につくこともなく、しょっちゅう霜取りをする煩わしさもなさそうです。

お気に入りや美味しそうなお酒を1升瓶で購入しても、毎日同じ銘柄を飲み続けていては多少の飽きもくるものですが、2種類3種類を飲み比べながら平行して飲み進められるというのは実際にやってみると、ありがたいぜいたくです。
唯一の問題は、これでついつい飲み過ぎてしまう日が増えそうだということですが、そこのところは心して自制していきたいものだと思う次第です。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する