FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

東京五輪へ準備着々

東京・代々木公園の競技場で昨日の午前中に開かれた明走会駅伝に参加するため前後に2泊する日程で家族旅行をしていた私は本日夕に帰阪しました。
宿泊先は上京の際に定宿として使っている富山県が運営する赤坂の施設で、本日は東京駅から新幹線に乗り込むのに先立ち、宿舎の最寄駅である地下鉄の青山1丁目から都営大江戸線に1駅乗って国立競技場前まで行き、東京オリンピックに向けて建設工事が進む競技場を見たり、競技場から近い神宮外苑の子ども向けの遊び場に立ち寄ったりしました。

BL190512国立競技場1IMG_3479  BL190512国立競技場2IMG_3475  BL190512国立競技場3IMG_3533

東京に住んでいたころ以来、見慣れていた旧国立競技場が姿を消して以降、しばらくの間は上京した際に近くを通っても、その跡地には空が見えるだけでしたが、今回は木材をふんだんに使った新競技場の外観がすっかり出来上がっていて、デザインが発表されたころに新聞などで見た完成予想図とそっくりの巨大な建造物が現実のものとなって空をさえぎっていました。

東京ではまた、車いすをそのまま荷台にのせることもできるというミニバンタイプの「ジャパンタクシー」が既に街で見かけるタクシーの3分の1近くを占めていて、五輪のロゴを車体にあしらった黒くずんぐりしたタクシーが次々に通るのを見ていると、オリンピックが近付いてきていることを実感します。
2020年オリンピックといっても、大阪に住んでいるとなんだか他人事のように感じていましたが、東京では4年に1度のお祭りが日に日に迫ってきているのを肌で感じることができるようです。

神宮外苑の遊び場は昨年も子ども2人を連れて出かけた「にこにこパーク」。
昨年までは遊具で遊ぶ子どもたちから目を離すことができませんでしたが、けがをする心配がほとんどなくなった子どもたちを、遠目で見ているだけでも大丈夫になり、子どもの成長もまた立ち止まることなく進んでいることを感じました。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する