FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

比叡山、電車の旅1

土日に休みをいただきながら昨日は家庭菜園の畑仕事に忙しく家族サービスの時間があまり取れませんでしたが、本日の午後はこのところ電車が大好きな息子を連れて京阪電車やケーブル・ロープウエーを乗り継ぎ京都と滋賀の府県境にある比叡山を越えて戻ってくる「電車の旅」をしてきました。

体調がすぐれなかった娘は直前になって同行を見合わせることになりましたが、「今日は電車の旅をするねん」と近所のお友達らに言いふらして喜んでいた息子から自分だけでも行きたいと聞いてくれず、男の2人旅となりました。
その道すがらに撮った「鉄っちゃん」風の写真などを2回に分けて掲載します。

BL190519比叡山越え1-1IMG_3656  BL190519比叡山越え1-2IMG_3681  BL190519比叡山越え1-3IMG_3642

BL190519比叡山越え1-4IMG_3669  BL190519比叡山越え1-5IMG_3679  BL190519比叡山越え1-6IMG_3664

BL190519比叡山越え1-7IMG_3685  BL190519比叡山越え1-8IMG_3688  BL190519比叡山越え1-9IMG_3692

コースは自宅の最寄り駅である京阪本線・光善寺を出発し、本線から乗り入れる京都の鴨東線の終点・出町柳で叡山電鉄に乗り換え。叡山本線の終点・八瀬比叡山口から叡山ケーブル、ロープウェイを乗り継いで比叡山頂へ。バスに乗り継いだ後、今度は滋賀側の坂本ケーブルで山を下り、また少しバスに乗って京阪電鉄・石山坂本線と京都の地下鉄東西線に乗り入れる京津線に乗り継いで京都の三条から再び京阪本線に乗って戻ってきました。

かつて3日間の修行体験をしたこともある天台宗の総本山・延暦寺がある比叡山にはバスや車のほかランニングでも登ったことがありますが、ケーブルやロープウエーを利用するのは私にとっても初めて。
日本一の高低差561メートルを誇る叡山ケーブルと、やはり日本一の長さ2025メートルを誇る坂本ケーブルを乗り継いで比叡山を越えるルートは、やはり電車とバス、ケーブルにロープウエーなどを乗り継いで北アルプスを越える「立山黒部アルペンルート」のミニ版といったところで、私自身も一度は体験したいと思って計画を描いていました。残念ながら今回は乗り物を乗り継ぐばかりで延暦寺の拝観はおろか山の上のハイキングも食事もない駆け足の旅となりましたが、次回に娘も連れて来るための下見とでも考えることにしました。

とは言うものの息子の方は大喜びで、ほぼすべての乗り物で一番前に陣取り、大好きなスピードメーターをチェックして、運転士さんに「ありがとう」「さようなら、またね」などとあいさつしたうえ、京阪の駅ではコレクションにしているポータブルの時刻表を集めてきて、せわしない半日の旅を楽しんでくれました。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する