FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

馬鈴薯、胡瓜、ライ麦

本日は久々に本格的な雨となって昼からの勤務にはロードバイクではなく電車に乗って向かいました。
自宅そばの家庭菜園にとっては恵みの雨で、先月初めから断続的に苗を植えたり種をまいたりしている夏野菜は元気を増しているようですが、予想された雨に先立って収穫を急いだ野菜もあります。昨日まで3日間に畑作業の合間に撮ったそれら作物の写真を10枚掲載しておきます。

BL190604収穫1IMG_4273  BL190604収穫2IMG_4278  BL190604収穫3IMG_4275

3日前に収穫を始めたのはジャガイモ。予想より少し早めに葉や茎が黄ばんでしおれ気味になってそろそろ収穫時期だと分かっていたものの、もう少し待ってみようとも思っていました。
しかし畑を見に来た息子に「掘ってみたい」とせがまれて3株だけを掘り起こしてみたところ、優柔不断な私が芽を十分に間引かなかったため小ぶりのイモが多かったものの、肌のきれいな新ジャガがごろごろと出てきました。

同じ日には、収穫時期が終わりに近づいているイチゴも子ども用に取ったほか、ミニの品種などキュウリ数本も収穫。あまり大きくならずじまいだったタマネギも畝の半分に植えた早生の品種を掘り終えました。
イチゴや小さなタマネギは既に子どもたちに好評ですが、ジャガイモやキュウリの味はまた取りたてということもあり格別で「美味しい」「甘い」と喜んでもらえました。

BL190605収穫4IMG_4287  BL190606収穫5IMG_4302  BL190605収穫6IMG_4281

一昨日には、少し大きめの玉もある中晩生のタマネギや、畝の間の通路にまいたライ麦も収穫し始め、昨日にはほぼ取り終えました。

そのうちライ麦はまばらに生えていただけで収穫してもそれで何ができるわけでもなさそうに見えましたが、かなり重みのある実をつけた穂も少なくなく、手作業で脱穀してご飯に交ぜるなどして味見もできそうです。
また、あまり小さなタマネギは乾燥させた後、8月に再び植え付けると12月には何周りか大きな新タマネギを楽しめるということで、20~30個は試してみようと思っています。

BL190606収穫7IMG_4288  BL190606収穫8IMG_4294  BL190606収穫9IMG_4299  BL190606収穫10IMG_4290

キュウリは初めのうちの小さな実を間引いていたところ、いつしか株がしっかりしてきて本格的な収穫時期が到来した様子で、昨日は1回の食事では食べきれないほども取れました。
キュウリと同じくこの春から借り直した区画に2年ぶりに植え付けたズッキーニは、前回苗がほとんど大きくならずに収穫がゼロだったというのに今回は黄色、緑の2種類とも小さな実をつけ始めていて、やはりある程度の豊作が望めそうになってきています。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する