FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

走った!撮った!廿日市3

泊まり勤務明け翌日の本日は、以前として4日前に出場した広島・廿日市のトライアスロンの疲れがとれきれておらずまたまた休養日。自宅そばの家庭菜園で畑仕事をするなどしましたが、トライアスロンの道すがらに撮影した「走った!撮った!廿日市」をもう1回掲載します。

最終の今回は9枚で、ゴール後に出迎えてくれたカジーさんに撮ってもらったボランティア女性とのツーショット、私のしばらく後に同伴ゴールする参加者らの写真はオマケです。

BL190616廿日市トラ3-1DSC00981  BL190616廿日市トラ3-2DSC00979  BL190616廿日市トラ3-3DSC00982

BL190616廿日市トラ3-4DSC00983  BL190616廿日市トラ3-5DSC00980  BL190616廿日市トラ3-6DSC00984

BL190616廿日市トラ3-7DSC00985  BL190616廿日市トラ3-8DSC00997  BL190616廿日市トラ3-9DSC00989

スイムとバイクがワンウェイというトライアスロンとしては珍しいコースのこの大会ですが、ランコースの4分の3ほどは、標高約900メートルの森林公園中心部を折り返しとする往復路。
折り返しがほぼ最高点であることから後半の7、8キロはほとんどが下り坂で、さらに気持ちよく駆けることができました。

実は何事にも迷いが多く優柔不断な私は、バイクからランへの第2トランジションに預けてあった着替え袋の中に、春のフルマラソンで使ったクッション性の高いシューズと、数年前に岐阜・長良川の大会で靴下なしの素足で履いて快調に走れた軽量シューズの2足を入れさせてもらい、クッションに頼らなくても走れそうだという感触があったため軽量シューズの方を選びました。
その選択は当たりだったようで、登りで軽快に走れたうえ、十分に余力が残っていたため後半の長い下りも足のバネをきかせてスピードを出すことができたようです。

とにかくこうして振り返ってみると今回のトライアスロンは、ランでそれなりに写真を撮ってしまったものの、真面目に頑張ったレースとしては久々に途中で限界を感じることなく気持ちよくゴールすることができました。
3月下旬のマラソンに向けて走り込みをした効果がまだ残っていたのに加え、5月からはヒルクライムとスイムを集中的に練習したおかげだと言えそうで、今回も十分に休養を取った後は、この間の練習効果が薄れる前に次なるトレーニングに入りたいものだと思っています。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する