FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

ノンアル&野菜三昧

眼底出血と診断され、その背景として動脈硬化の可能性を指摘されたのを受け、40代前半に手術に伴う入院をした後としては最長となる約2週間もの禁酒を続けると同時に、これまで以上に野菜を中心としたダイエット気味の食事を心がけています。
そんな私の昨日と本日の食卓を撮った写真を掲載します。

BL190705食事1IMG_1349  BL190705食事2IMG_1353  BL190706食事3IMG_1365

突然の禁酒で口寂しいのを補ってくれているのはノンアルコールビール。
国内大手メーカーのノンアルの多くは甘味料や香料、糖類といった添加物が入っていて飲む気がしませんが、そんな中で私が主にいただいているのは国産のノンアルとしては唯一添加物を入れず麦芽とホップだけを材料に作られている「龍馬1865」。
ビールと同じ味わいとは言えないものの、それなりにスッキリと美味しく、“晩酌”のおともに十分です。

家庭菜園のナス、トマト、ラッキョウ、ゴーヤ、ジャガイモをふんだんに使った定食は昨日の朝食。
キュウリ、ナス、ゴーヤのスライス、湯がいたゴマの間引き菜などは、本日の昼食でいただいた素麺の付け合せ。

BL190706食事4IMG_1379  BL190706食事5IMG_1382  BL190706食事6IMG_1385

本日の夕食では、収穫後に畑の地表近くに埋めて保存していたゴボウを炒め物にしてもらったほか、サンチュやサニーレタス、ミツバにエゴマの間引き菜を、ゆで豚と一緒にいただきました。

そのうちミツバは昨秋、畑の隅にまいていたところ、この春からコンスタントに収穫ができるようになりました。
またサンチュやサニーレタスはゴールデンウイークに実ものの夏野菜と一緒に数株ずつを植え、このところ毎日のように食卓を飾ってくれています。サンチュなどは外側の葉を次々に収穫しても、中心の茎が伸びるに従ってさらに新しい葉がどんどん出てきて、かなり長期にわたって楽しむことができます。こうした収穫方法は家庭菜園ならではで、こんなふうに1株で何十枚もの葉を収穫してみると、株ごと取って店頭に並ぶサニーレタスなどがもったいなく感じます。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する