FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

広島原爆の日の夏雲

沼津千本浜トライアスロンに合わせていただいた3日間だけの夏休みもあっという間に終わり、再び仕事の日々が始まりましたが、本日は勤務後に大阪市内にある友人の歯科医院と自宅近くの眼科医院にハシゴで受診したことから自転車通勤は見合わせました。

仕事は74年目となる広島の原爆の日と夏の甲子園大会が重なって忙しさを極めました。
その後に電車2本を乗り継いで歯科に向かい、受診後はまた電車3本とバスに乗り継いで眼科へ。その前後に撮った原爆雲ならぬ夏雲の表情を3枚紹介します。

1発の原爆によって10万以上もの罪のない人びとの命が奪われたことは、そもそも人道に反する戦争における犯罪の中でも人類史上最悪のものでしたが、手を下した国が謝罪の言葉を表したことはなく、戦争の旗を振った自国側もまたその反省をしきれないままで、核兵器の廃絶を叫ぶことすらはばかられているというのが、悲しいかな私たちの生きている世界です。
原爆を経験した人たちの高齢化は進んで、もう10年もすればそれを語る人はほとんどいなくなるのでしょうが、歴史の事実を偽ることなく、今のこととしてきちんと整理するのは、依然として私たちの責任であることには変わりないと思います。

BL190806雲1IMG_5730  BL190806雲2IMG_5734  BL190806雲3IMG_5726

さて、眼底出血が明らかになってから約2週間おきに眼科医を受診するのは本日が4回目。
出血している部分は視力に直接影響がないことなどから投薬治療を受けながら経過観察しているところです。受診した際に撮ってもらう眼底の写真を見ると、1回目と比べ2回目は出血がやや広がり、3回目ではほぼ前回並みにとどまっていたため、今後手術などを検討するに当たって今回である程度の白黒がつくかと思いきや、再び前回並み。経過観察を継続することになりました。

まあ、それでも黒と出たわけではありませんので、この間なんとか続けている食生活などへの気遣いを継続するほかはありません。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する