FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

9月初めの植え付け

家庭菜園では、夏野菜の植え付けや種まきをする5月初めに続いて、9月初めは秋から冬にかけて収穫する野菜の植え付けなどで忙しい時期です。
一昨日から昨日にかけては暑さが戻るなか、秋ジャガイモの種芋やハクサイ、ブロッコリーの苗の植え付けなどを汗びっしょりになりながら進めました。

BL190908畑1IMG_6409  BL190908畑2IMG_6404  BL190908畑3bIMG_6398

今の時期はバッタが大量に発生して、あまり虫のつかないエゴマの葉やクウシンサイまでも穴だらけにしてしまうため、ハクサイやブロッコリーの苗を植えたりダイコンの種をまいた畝には、すぐさまネット状の布・寒冷紗をトンネル状にかけて防御態勢を整えました。

ジャガイモは植穴に枯草を入れると良いと書いてある教科書もあり、夏の間に何度も雑草を刈って畝の上や通路上に放置してできた枯草を入れたうえ、乾燥防止などのため畝の上にも再びのせておきました。

初夏までそれなりに収穫を楽しむことができたイチゴは、親株から地面上に伸びた「ほふく茎(ランナー)」の先に子どもや孫に当たる株がつくられています。そのうち孫の苗は来月あたりに植え付ける来春用の苗にするためポットに移しておくべきだとされ、この作業もこの間、何度かに分けて進めました。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する