FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

家庭菜園、秋の収穫

自宅そばの家庭菜園では、先ごろ秋の初めの作業としてジャガイモの種芋やハクサイ、ブロッコリーの苗の植え付け、そしてダイコンの種まきを済ませていますが、菜っ葉類などのさらなる種まきは、土の中に残っていた昨シーズンの種から育ったラッカセイやシソなどの収穫・整理ができないため進まないままでいます。
そんななか、虫に食われるなどしながらも夏越しの野菜の収穫は日々続いています。

BL190920収穫1IMG_2675  BL190920収穫2IMG_2683  BL190920収穫3IMG_2687

このところ収穫の続いている野菜のうち、シソの仲間としてはまず、バッタの被害を派手に受けながら、なんとか日々食べることができているのがエゴマ。
トマトと混植して、トマトの収穫が終わった後も茂り続けているバジルは先日、葉を大幅に取ってバジルソースになりましたが、あっという間に元通りに近い格好に戻って、引き続き料理に使うことができています。
そしてシソは、葉が小さくなり大葉としての収穫が難しくなってきたかと思うと、一斉に花穂が伸びてきていて、肉料理や刺し身のツマとして重宝しています。

ほぼ終わったはずのミニトマトや四季なりイチゴも、わずかながら収穫があり、夏場に葉がかたくなっていたミツバも再び収穫できるようになっています。

夏場以来の青物野菜の中核として次々に収穫してきたクウシンサイも、成長がややにぶり、立派な葉の多くがバッタに食われていますが、それでもほぼ毎日収穫することができます。
またこのところどんどん収穫できているのはササゲ。早々と収穫が終わってしまったツルインゲンとは対照的に、30センチ前後もあるサヤが次々に伸びてきて、豆好きの子どもたちにも好評です。ツルムラサキは初めのころに大きな葉を取り過ぎたのが良くなかったのか、昨シーズンまでに比べると元気のないままでしたが、それでも何日かおきに収穫できます。
また写真にはありませんが、今年初めてトライしたモロヘイヤは、3株だけですが収穫すればするほど次々に新しい芽が伸びてきて、やはり青物野菜の一つとして重宝しています。

ほぼ収穫が終わったニガウリも、ごく小ぶりながら少しずつ実が膨らんでいただくことができています。
ナスに比べ、雑草に負けてしまったのか出来が良くなかったシシトウも、気がつくと既に赤くなってしまったものも含めて少しずつの収穫ができています。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する