FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

秋の食卓に「宝石」

ここのところ外食の店や料理を紹介する記事が続いていましたので、本日は久々にウチの料理がネタです。
とはいうものの、いつもながらに料理と胸を張るのははばかられるような手軽なものばかり。
でも手軽ではあっても見た目に美しく、とびきり美味しい「秋の宝石」がメーンです。

BL1028夕食2RIMG0212  BL1028夕食1RIMG0184  BL1028夕食3RIMG0297

その秋の宝石の筆頭は、鮮やかな朱色に輝くイクラの醤油漬け(中央)。
イクラは3日前、安くて珍しい出モノの食材が見つかる隣町・大須の商店街にあるスーパーの安売りで調達。
帰宅してすぐに一腹分をぬるま湯でほぐして漬け込み、昨夜もいただいて、残りはわずかになりました。

独り暮らしで料理にちょっとした手をかけるのはめんどうなものですが、イクラについては化学調味料漬けか超塩辛い既製品を食べる気にはなりません。
自家製の醤油漬けは数日でいただかなければなりませんが、毎日つゆを吸って味がしまっていく醤油漬けはその日ごとに美味しく、何日もたたないうちにたいらげてしまうものです。

それに、安くて新鮮なもの、珍しいもの、そして季節のものを食べることをモットーにしている私としては、秋の一時期にしか手に入らない新鮮なイクラは、避けて通ることはできません。
まさにほおが落ちそうな美味しさ、そしてご覧のように食べるのがもったいないくらいの神秘的な美しさ。

イクラの漬け汁は醤油と酒だけ。
ユズも入れたいところでしたが、せっかく店頭に並んでいたのに買い忘れてしまいました。
酒も、上等ないただきもので料理に使うどころか開栓もできない数本をのぞいては、何本もあったものを前夜までにすべて飲み干したことに気付き焦りましたが、台所の引き出しにワンカップが1本ありました。
これは清酒「阪神タイガース」で、ドラゴンズが日本シリーズに進出した今となってはちょうど飲みごろ。
イクラの漬け汁に使った残りは、その場で飲んでしまいました。

そして二番手の宝石は銀杏(右)。
これもイクラと同時に買い込んだもので、イクラは宮城県産でしたが、こちらは地元・愛知県産。
漬け込んだばかりのイクラと一緒に生のままの写真も撮っていましたが、それじゃ宝石じゃありません。
(3日前は生のイクラを料理したものの、銀杏はめんどくさくて手をつけませんでした。)

銀杏煎り器で焦げ目がつくほどに煎って、からをむいてこそ秋の宝石。
昨夜いただこうとしたとき、マンションの電磁調理器では煎ることができずに焦りましたが、鍋用のポータブルコンロを使って煎るとご覧の通り、ようやくエメラルドグリーンの実が輝いてくれました。
大粒のこの銀杏は、煎り足りなかったためか苦みが強く感じましたが、日本酒のツマミには絶品でした。

そしてオマケは、3日前にいただいた、やはり愛知県産のゴーヤ。
少し季節遅れではありますが、表面のツブツブが宝石のように見えないわけでもなく、並べてみます。
とはいってもそのまま写真に撮っても植物図鑑のようになるだけですので、料理した姿をご紹介(左)。
薄くスライスし軽く塩をして鰹節をかけただけで、やはり手抜き料理なのですが、実はこれがゴーヤの苦さを楽しむには最高で、軽く醤油をふって、たいらげてしまいました。
パックの鰹節の残りは、飼い主の私だけが美味しいものを食べていると必ず私の足にかみついてくる愛猫のチーコがたいらげてくれました。

さて、ブログでも何回かご紹介した現代アートの祭典「あいちトリエンナーレ2010」は本日で閉幕しました。
私はフィナーレに当たるダンスと音楽のパフォーマンス作品を観て、名残を惜しんできたのですが、最終日の本日は一観客として楽しませていただいたため、写真もビデオも撮影していません。

また、「いつになったら追加分を書くのだろう」と思われているでしょう「走った!撮った!夢舞いマラソン」は、第3回目まで本文を追加しております。
残りは、もう少々お待ちください。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する