FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

新シューズ&ボトル

昼過ぎからの勤務となった本日は、また1日おきの通勤ランでしたが、距離は少し短めの10キロ余りとして出勤時に自宅から京阪・守口市駅までを走りました。

今月下旬のマラソンが、コロナウイルス騒ぎの中でもどうやら開催されそうな様子で、大会までもう2週間を切ったことから次第に練習量を減らすテーパリングをかけようというわけです。ただ距離を短くすると少しは速く走れるかと思いきや、実際にはそうでもなく、信号待ちや堤防・歩道橋の登り下りなどを含めて所要時間は1時間5分ほど。ほぼ1キロ6分のペースを維持するのがやっとです。
それでも、今回の走り込みを始める前よりは間違いなく走れるようなってはいますし、着替えなどの荷物を担いでいるハンディもあるにはあるのですが、3年前のようにフルマラソンで4時間を切るサブフォーに戻るのはほぼ絶望的。よほどうまくいっても昨年の4時間28分を上回れるかどうかといったところになりそうです。

そうはいっても、当初は中止になってしまった宮古島のトライアスロンに向けた調整として申し込んだ大会とはいえ、一応は走り込んだうえで臨むマラソン。数日前にはシューズを新調して、本日はその履きおろしでもありました。
というわけで、淀川の河川敷で撮ったユキヤナギの写真に加え、新しいシューズと、リュックのショルダーベルトに装着するやはり最近新調したボトルの写真も紹介します。

BL200318淀川・靴・水筒1IMG_3834  BL200318淀川・靴・水筒2IMG_3829  BL200318淀川・靴・水筒3IMG_3839

なにわ淀川フルマラソンに向けて新調したシューズは、昨年の大会前に買った「クラウドフライヤー」と同じオンシューズの「クラウドサーファー」。2万円近い定価のところ、ネットでお気に入りのイエローのシューズが9000円足らずの特価になっていたのを衝動買いしてしまいました。
今回のクラウドサーファーも、クラウドフライヤーと同じく幅が少し狭い「D」サイズですが、普段よりワンサイズ上の「29.5」を選んだところ、足型が同じためか、土踏まず周りがちょうどフィットするものの爪先は前部に当たらず、ほぼ理想的な大きさのようです。
私が履くようなロングサイズのシューズは、こうして品薄になったころにネットで特価になることがよくあるようで、店頭で試し履きをしたり同じメーカーで同じ幅の靴を履いていたりした場合、ネットでお得な買い物ができることが少なくないようです。前回のフライヤーもやはり半額近い9000円余りで購入していました。

これまでのフライヤーはクッション性と安定性に富むわりに極めて軽量なのが売りでした。
それに比べサーファーは少しレース用に作られているもよう。フライヤーよりわずかに重たいものの、少し硬めのソールは反発性が重視されているとのことです。
竹輪かゴムホースを輪切りにしたような中空のパーツを並べて組み込んだオン独特のソールは同じです。ただ、かかとや爪先、アーチ部分はそぎ落とされていて、かかと着地ではなく前足部での着地を意識しながらフラット気味に接地するのに適しているようで、よりスピードを出して「攻めの走り」をする場合にも対応するとされています。

まあ、そんな走りを今の私がするのは難しく、こちらのサーファーはハーフまでのレース用として温存するのも「あり」なのですが、うまく履きこなせばタイムの短縮につながるようにも思われ、頑張ろうという気持ちが盛り上がれば、こちらをフルで履いてみることにするかもしれません。
本日初めて履いたサーファーはやはりクッションがやや劣り、着地も靴任せにできるのではなく、自らベストのポイントを探さざるを得ない感じがあります。ただ、このところの練習はすべて通勤などでリュックを担いで走っていて、荷物なしでは、安定性重視のフライヤーよりサーファーの方が軽快に走れるような気もして、悩ましいところです。

そしてリュックのショルダーベルトに装着できるボトルは、やはりネットで購入したものでリュックとは別メーカーの製品ですが、ポケットにすっぽり入って肩や胸に当たらず、しかも形状からは想像できない500ミリリットルの大容量。
お気に入りのメーカー「オスプレイ」のリュック「デューロ」には、背中に入れるホース付きのハイドレーションバッグがセットで付いていますが、トレランレースなら便利であっても通勤では洗ったり干したりの手入れが大変で、ショルダーのボトルの方が合っています。これまでは細身のペットボトルをポケットに差し込むなどしていたものの、どうしてもゴツゴツと当たって不快でしたが、新調したボトルはほとんど違和感がありません。

思えば、山登りやトレラン、通勤ランでリュックを担ぎながらカメラを出し入れするために、私はかなり前からショルダーベルトに後付けするポーチを愛用してきました。
ところが気がつくと、トレランの流行に伴って今や、トレラン用のリュックはショルダーベルトにポーチ代わりのポケットが組み込まれているのが定番になっています。言ってみれば自分が時代を先取りしていたようで、アイデアを盗まれたようにも感じますが、最初から付いているポケットの方が当然のことながら揺れも少なく快適で、気がつくとポケット付きのランニング用リュックを幾つか買い込んでしまっています。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する