FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

やっとジャガイモ植え

本日は泊まり勤務に入るのに先立ち、家庭菜園で遅くなってしまったジャガイモの植え付けをようやく終えました。

BL200326ジャガイモ植え1IMG_4108  BL200326ジャガイモ植え2IMG_4107  BL200326ジャガイモ植え3IMG_4111

春の畑で最初の作業となるジャガイモの植え付けは3月半ばごろまでにした方が良いようで、昨年は3月13日に終えていましたが、今年は2月下旬ごろにホームセンターに種芋が入荷されていたのを見ていながらツクシ摘みやマラソンの練習などにかまけ、上京する用事もあったことから植え付けの機を逸し、一昨日になって辛うじて売れ残っていた種芋を買い込んできました。
ただ、植え付け時期がぎりぎりとなったことから立派な芋が特価で売られていて、つい少し多めに買ってしまうことに。また大きすぎる芋をカットしたこともあって、植えた場所はこれまでで最も広い1×4メートルの畝で1本半ほどに及びました。

冬の間、ほとんど放置してしまっていた畑には雑草が生い茂ってしまっていたことから、植え付け作業に先立つ草刈りもそれなりに大変でした。
ジャガイモを植えた畝は昨夏にトマトを植えた畝で、本来なら同じナス科の作物をあまり間をおかずに植えるのは控えた方が良いとされますが、その後にはダイコンやブロッコリーも植えていましたし、トマトと同じくジャガイモにも適した乾き気味の畝でもありましたので、ここ以外にはありませんでした。
まあ、雑草とも共存する自然農法の畑では「連作障害」をさほど気にすることはないとも言われますし、いろいろと気軽に実験してみられるのが遊びとして楽しむ家庭菜園の特権でもありますので、今後の成長の様子を見てみることにします。

写真で写した畝の両側に生えているのは昨年の秋口に植えたタマネギ。
タマネギは晩秋に鉛筆ほどの細い苗を植え付けるのが普通で、そうして別の1畝に植えたタマネギはかなり大きく育ってきていますが、こちらのタマネギは昨年収穫したものの玉が小さすぎたため、それを植えなおしたもの。そうすれば冬には季節外れの新タマネギが収穫できると書いてある本がありましたが、思ったように大きくはならず、こうして春を迎えてしまっています。
まあ、これはこれで根元はそれなりに太ってきていますので、やはりもう少し様子を見たいと思っているところです。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する