FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

秋田の酒・各国麦酒

本日は日曜の日勤で当初はまた自転車通勤を予定していましたが、梅雨が近いことを感じさせるぐずついた天気となって家を出るころは小雨模様だったため、やむなく電車に乗りました。
そうしてほとんど運動ができなくなった日は食欲も一段少なくなりますが、それでも食卓に並ぶごちそうを見るとついついお腹いっぱいに食べてしまうもの。できるだけ控えようと思ってはいる晩酌のお酒も、なしというわけにはいきません。

とはいえ本日のところはビールは小ぶりな250ミリ入り缶を1本だけにとどめ、あとは取り置きの美味しいお酒2種類を一口ずついただきました。
写真で紹介するのは、4日前に撮ったそれらいずれも秋田のお酒2種と、3日前にいただいた国内外のビール3種。お酒は行きつけの酒屋さんで4合瓶を買ったもの、ビールはやはり行きつけの量販店で300円前後の品を含めすべて2本500円で安売りしていたため、あれこれと買った中の一部です。

BL200527日本酒1IMG_4590  BL200527日本酒2IMG_4591  BL200527日本酒3IMG_4582

お酒は秋田・湯沢市の酒蔵による「角右衛門」と大仙市の「千代緑」で、純米吟醸・大吟醸のいずれも生酒で、香りが高くガス感もあってさわやかな味わい。特に千代緑の方は蔵独自の酵母を使って醸され、繊細な舌触り・のど越しは絶妙で、いずれ劣らぬ美味しさながら、ついついこちらを多く飲み進んでしまいます。

BL200528ビール1IMG_4613  BL200528ビール2IMG_4605  BL200528ビール3IMG_4611

ビールは私が好きな白ビールの中でも定番のベルギー産「ヒューガルテン」と、同じタイプでやはりコリアンダーシードを香りに使っている国産の「水曜日のネコ」。それにほとんど初トライと思われるチェコの褐色のエールタイプ。
ヒューガルテンとネコは既に何度も飲んでいますが一緒に飲み比べるのは初めて。チェコのエールは細やかな白ビールと対照的に荒削りな感じの苦みが効いていて、こうしてあれこれ飲み比べるのもまた家での晩酌ならではです。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する