FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

濁流迫る河川敷公園

朝早くからの勤務だった本日も雨が降ったりやんだり。またやむなく電車通勤となりましたが、駅までの行き来はいずれも雨がほぼやんだ時間帯で不幸中の幸いといえ、折り畳み傘はバックパックから出さずにすみました。
掲載する写真は昨日、自宅から天野川・淀川沿いなどを走ってきた際に撮ったものの残り。茶色い濁流が河川敷公園に迫っていた淀川の様子や、その前後に撮った花などの計9枚です。

BL200708淀川1IMG_6147 BL200708淀川2IMG_6153 BL200708淀川3IMG_6157

支流の天野川と同じく淀川の本流も、増水のピークは少し過ぎていたようでしたが、それでも岸辺は水浸しで、京阪・枚方市と枚方公園に近い河川敷公園を半周する際、シューズを濡らさずに通過するのがやっとでした。

昨日の記事では、天野川の堤防に避難していたと思われるカメ2匹を道路から河川敷に移動させてやったことを書きましたが、同じ職場にいて駆けっこ仲間でもある同僚にその話をしたところ、彼も昨日、淀川の下流沿いをランニングした際、やはり堤防上の狭い歩道で大きなカメを見かけたとのこと。場所は離れていてもカメたちは川の増水に対して同じような行動をとるものだということが分かりました。

BL200708淀川4IMG_6123 BL200708淀川5IMG_6163 BL200708淀川6IMG_6168

オマケは天野川近くの道路わきで見かけたオレンジのカンゾウと、自宅そばまで戻ってきた際、家庭菜園わきの水路の上に咲いていたピンクと白のグラデーションがきれいなユリに似た花。

それに自宅の少し手前の旧家が並ぶ一角で、曲がりくねった細道わきの側溝に落ちていた木の葉。透き通った水にぬれてガラス細工のように見えました。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する