FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

ササゲ・枝豆も収穫

宿直明け翌日で休みをいただいた本日も梅雨空が続き終日ぐずついた天気で、ジョギングもままなりませんでしたが、夕方には小雨の中、家庭菜園で収穫作業などをしました。
キュウリやインゲンの第1弾が収穫を終えつつある畝ででは、同じネットにつるを絡ませていたササゲが取れ始め、トマトやナスなどの畝の肩部分に混植していたエダマメも今シーズン初めての収穫となりました。

BL200713ササゲ・エダマメ1IMG_6236  BL200713ササゲ・エダマメ2IMG_6243  BL200713ササゲ・エダマメ3IMG_6239

先月初めにジャガイモの収穫を終えた畝では、来月下旬以降にダイコンの種をまいたりハクサイの苗を植えたりする予定ですが、その間2カ月ほど何も植えないでいるのはもったいないと思い、ミズナやコマツナなどをまいたところ順調に芽が出て、間引き菜でサラダをいただけるほどになっています。

限られたスペースの家庭菜園で難しいのは一つの作物を育てた後、ちょうど良いタイミングで次の作物にリレーをすること。
ジャガイモやイチゴのように収穫までのスパンが長い作物をうまく続けて育てられるとは限りません。かといって、今回のようにほんの2カ月とはいえ畝を放置していても雑草が生えるだけですので、それよりは短い期間で収穫できる青菜類を植えてみようと思いました。

ミズナやコマツナなどは秋に種をまいたり苗を植えたりして冬にかけて収穫するのが一般的なようですが、種の袋には真夏を除いて通年栽培できると書いている場合もあり、スーパーでは年中出回っているのを見ても梅雨時に栽培できないはずはありません。
そこで今回試してみたのは、昨年や一昨年に使わなかったり余ったりしていたミズナやコマツナ、それにシュンギクや小ネギなどの種を種まき用土にまぜていっぺんにまくという手法。ある指南書では「やんちゃまき」と呼んでこれを試してみるよう勧めていました。

確かに一種類の種を一カ所にまいても、土の状態によってうまく芽が出て育つ部分とそうでない部分が出ることが多く、その反対に、まきもしないのに土に残っていた種が畝の中や通路わきなどに芽を出すこともあります。
そんな様子を見ていると、このやんちゃまきをしてみれば、それぞれの種が芽を出しやすいところに芽を出して育ち、互いに棲み分けをしてくれるのではないかと感じていました。そして、どうやらその予感は的中したようで、大幅に間引きをしなくてもミズナやコマツナはほど良い間隔を保ちつつ一斉に伸びてきています。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する