FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

玉蜀黍の花粉を保存

本日は梅雨の中休みで日中には晴れ間も見え、午後からのシフトで自転車通勤をすることができました。
自宅を出るのに先立ち家庭菜園で少しばかりやった畑作業の1つは、雄花が咲き始めた第2弾のトウモロコシの花粉の保存。第1弾のときと同じく雌花が顔を出す気配がないため、花粉がたくさんついた雄花の一部を切ってフリーザーバッグに入れたうえ冷蔵庫に入れて冷凍しておきました。

BL200716トウモロコシ花粉1IMG_6280  BL200716トウモロコシ花粉2IMG_6284  BL200716トウモロコシ花粉3IMG_6294

雌花が遅れそうなのは、苗を購入して植えた第1弾に続き、第2弾も自らポットで育苗したものの植え替えをしたことと、肥料が足りないことが原因と思われます。

それでも第1弾では、なんとか雄花の花粉が全部散る前に雌花が出始めたのですが、雨でぬれたこともあって花粉が十分に飛ばなかったようです。また、なんとか手で花粉を落として雌花の上に落ちるようにしたのですが、トウモロコシは他の株の花粉でしか受粉しないということを後になって知り、人工授粉したつもりがなっていなかったもようです。

ネットで他の植物の花粉の保存法として紹介されていた、フリーザーバッグに乾燥剤とともに入れる方法が果たしてうまくいくのかどうかは分かりませんが、何もしないよりはトライする方がましですので、何本もの雄花の一部を少しずつ切ってミックスしたうえ保存することにしました。こうすれば、交ぜた花粉を少しずつ雌花にふりかけると、そのほとんどは他の株の花粉になるはずだと考えたわけです。

ちなみに乾燥剤は、子どもたちなどのおやつ用に何種類もある菓子袋の中には見当たらなかったため、未開封の海苔の袋を開けさせてもらい、中に入っていた2つのうち1つを拝借することにしました。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する