FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

サンダルで朝ジョグ

宿直明け翌日で日曜に休みをいただいた本日は、明日89歳の誕生日を迎える父を夕食に招くため午後はケーキの注文や買い物に出かけ、その後に少しばかり畑しごと。午前は子どもたちを見る担当で、このところテレビでの野球観戦にはまっている息子とキャッチボールをするなどしましたが、朝方は鼻緒にかかと・足首用のヒモを付け足したサンダルを履いて成田山不動尊まで行って来る5キロほどの定番コースをジョギングしました。

BL200719朝ラン1IMG_6357 BL200719朝ラン2IMG_6359 BL200719朝ラン3IMG_6360

BL200719朝ラン4IMG_6367 BL200719朝ラン5IMG_6369 BL200719朝ラン6IMG_6370

サンダルでのランニングと言えば、メキシコ高地の先住民ララムリの廃タイヤを利用した「ワラーチ」がここ10年ほど日本のランニング愛好家の間でも静かに流行り、一定数のコアなランナーが練習やレースに履いています。

数年前にヒザの半月板断裂で一時走れなくなった私は、その後、5本指などの薄く傾斜のないソールを履いて裸足感覚で前足部での着地を意識する「ベアフット」「フォアフット」の走り方を心がけてきましたが、ワラーチはまさにそうした走法に適した道具。
足指を露出したまさにベアフットに近いワラーチは、暑い夏場にも魅力的でしたが、廃タイヤの代わりに登山靴のソールで定番の「ビブラムソール」を自分でカットしてヒモを通すなど、自作するものとされるワラーチを作るのはめんどうそうですし、かといって特注も受けている専門店のワラーチは、簡素な作りのくせに高価で二の足を踏んでいました。

そこでひそかに考えていたのは安価なビーチサンダルをランニングに流用すること。
カンボジアで仕事をしていたときはビーチサンダルを普段履きしていましたし、そのころかの国で平和を唱え全国行脚していたお坊さんたちもまた全員がビーチサンダルでしたので、なにもララムリ式サンダルにこだわる必要はないように思っていました。
そもそも、かつて沢登りで地下足袋の上に履いていた日本古来の草鞋だって、先人たちが全国を股に掛けた長旅にも使ってきたわけで、「ワラーチ」も「ワラジ」もそしてビーサンも、要は裸足で履く鼻緒付きの履物なわけです。

そんなふうに考えていたところ、ビーサンで走ってみようと思い立ったきっかけは、最近100円ショップで並び始めた300円のビーサンのソフトな履き心地が駆けっこにも使えそうだと感じたこと。実際に買ってしばらく履いてみると、どうみても私の足にぴったりで、これをワラーチに流用してみることにしました。

ビーサンとワラーチの違いはただ一つ、足の後ろ側が浮かないように、かかとに掛けるヒモがあるかどうか。
幸い300円のビーサンは鼻緒と足の両側を結ぶベルトが幅広く、かつ布で裏打ちされて強度が保たれていたことから、その根元部分にポンチで小さな穴を開けてヒモを通すだけで簡単にかかとひもを付け足すことができました。
その結び方は今後も工夫のしようがあるのでしょうが、とりあえず沢登りの草鞋式で不都合はなく、あっという間にビーサンがラン用サンダルに変身。かなり快適にジョギングすることができました。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する