FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

かささぎ橋を渡って

本日の午前中、実家近くの施設に入所している母の受診に付き添うため市内の病院に出かけました。
京阪・枚方市駅の向こうにある病院までは5キロ余りで、施設からの行き来はスタッフがしてくれて母とは現地で合流できるため、自宅からサンダルを履いてジョギングで向かいました。

コロナの影響で施設での面会はかれこれ半年ほどできなくなったままですが、このところは1カ月に1回ペースで受診があることから幸いにも母の顔を見ることができています。
病院は坂道の上にありますが、その手前では淀川の支流・天野川を渡ります。天野川は流域に残る七夕伝説にちなみ天の川から名づけられたようで、病院に向かう際に渡ったのは「かささぎ橋」。こちらは、織姫と彦星が年に1度、天の川を渡る際かささぎが羽を広げて橋をつくったという話から命名されたとのことです。そういえば上流の交野市には、やはり2人の逢瀬を橋渡ししたとされる「逢合橋」もあります。

思えば今年88歳の母は体こそぴんぴんしていますが、止めどないおしゃべりの中に私の名前が出てきても、それが目の前に居る私本人のことだと分かっているのかどうかはあやしく、既に川の向こうの世界に住んでいるようなもの。
それでもこうして、にこやかな顔をたまに見たり、握った手をさすってもらったりできるというのは、ありがたいものです。

BL200729かささぎ橋1IMG_6537  BL200729かささぎ橋2IMG_6538  BL200729かささぎ橋3IMG_6536
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する