FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

4年ぶり大台ヶ原へ

息子らの夏休みに合わせていただいた休暇の前半は2年ぶりに和歌山・加太の海を訪ねましたが、後半の本日からは1泊2日の予定で山歩きのため奈良・大台ヶ原に4年ぶりに来ました。
コロナの感染拡大が続く中、本格的な遠出ははばかられますが、かといって子どもたちのせっかくの夏休みに楽しい思い出を作ってあげないわけにもいかず、思案の末、比較的近場で勝手も分かった海と山を小旅行先に選んだというわけです。

奈良県南西部の三重県境に近い標高1300~1695メートルの大台ヶ原は、同じく奈良の大峰山脈と並んで「近畿の屋根」の一角をなしていますが、切り立った山が連なる大峰とは対照的に、なだらかな地形と深い原始の森が広がり、その核心部まで伸びるドライブウエイを利用できることから中高年に人気で、子どもに山歩きをさせるにもうってつけです。
また私が大学時代にこの地を訪ねたのは晩秋、一昨年に2度訪れたのは山の春でしたので、天気が安定して星空も楽しめる夏にも来てみたいと思っていました。さらに、ハイキングコースが整備されて一般的な「東大台」だけでなく、より原生的な自然が残されているものの昨年までは事前申請しなければ入山できなかった「西大台」にも当日申請で入れることになったと分かったのも、今回再訪を決めた理由となりました。

4年前は2歳だった息子が山道をかなり歩いてくれましたが、1歳の誕生日前だった娘はずっと抱っこひもの中でしたので、東大台を2日がかりで歩くのがやっとでした。
しかし今回は、4歳の娘も近場の山を繰り返し歩いて鍛えてきたとあって、午後に到着した本日のうちに東大台を余裕で回ることができ、明日の朝から西大台に入る予定です。

BL200815大台ケ原初日1IMG_7161 BL200815大台ケ原初日2IMG_7188 BL200815大台ケ原初日3IMG_7180

昼過ぎに宿泊先のロッジ前にあるドライブウェイ終点の駐車場に着いた私たちは一路、日本百名山の一つで大台ヶ原最高峰の日出ヶ岳へ。奈良と三重の県境にある山頂の直下からは、少しかすんでいたものの熊野灘の海を望むこともできました。

日出ヶ岳の南に続くなだらかな稜線の正木ヶ原はかつて、立ち枯れた針葉樹のトウヒが幻想的な風景をつくっていましたが、白い骨のようなトウヒの多くは倒れ、残っている幹も背が低くなって昔の面影はありません。4年前と比べても目につくトウヒの倒木や幹は少なくなったようで、背の低いササばかりが目立ち草原のようになっています。

BL200815大台ケ原初日4IMG_7212 BL200815大台ケ原初日5IMG_7197 BL200815大台ケ原初日6IMG_7198

BL200815大台ケ原初日7IMG_7217 BL200815大台ケ原初日8IMG_7205 BL200815大台ケ原初日9IMG_7240

紀伊半島の外側を周り、熊野灘から上陸したと伝えられる神武天皇の像が立つ牛石ヶ原を過ぎてたどり着いたコースのハイライトは、標高差800メートルも切り立つ断崖のてっぺんの岩「大蛇嵓(だいじゃぐら)」。
岩は頂上部の周囲に、鉄の杭に鎖を張った柵が設置されていて、息子は平気で先端近くまで歩いて行きましたが、一歩間違えば鎖の間から落ちてしまいそうで、私は足がすくんで途中までしか行けませんでした。

大蛇嵓の入り口近くでひょっこり現れたのは野生のシカ。
大台ケ原でも一時シカが過剰に繁殖して樹木などの食害が深刻になりましたが、捕獲で生息数をコントロールした結果、今は適正な数に戻っているということで、出遭えたのはラッキーだったようです。

ロッジでは夕食後、風が強かった加太の宿舎で使いきれず持ってきた花火で遊びましたが、その後さらに星空の眺めを楽しむイベントが用意されていました。
大台ヶ原の星空は、近畿の天文ファンには有名なようで、駐車場は星空目当てで車中泊をする車で満杯となりましたが、ロッジでは駐車場に出なくても最上階の屋根を開放してくれていたのです。しかもマットを敷いて寝転ぶことができ、空気が肌寒いため毛布も配ってくれ、このイベントは名付けて「星空ベッド」。
おかげで満天に散らばる無数の星をバックに、カシオペアや北斗七星、夏の大三角といった星座から天の川までプラネタリウムのような眺めを満喫。それらの間を走る流れ星も幾つか見ることができました。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する