FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

西大台の原生林へ5

宿直明けの本日は昼前にロードバイクに乗って帰宅しましたが、炎天下を1時間近くこぐとへとへとでした。
自宅の玄関先では子どもたちが近所のお友だちも一緒にビニールプールで水遊びをしていて、私も思わずシューズとヘルメットを脱ぎ捨て、ウエアのまま割り込ませてもらいました。

午後に買い物に出た後には強い夕立があり、家庭菜園にとってはほぼ1カ月ぶりの恵みの雨となりましたが、気温は一気には下がりません。そんな下界からは想像もつかないほど涼しかった奈良・大台ケ原での山歩きの写真をもう1回掲載します。とはいっても、最終回の本日分は6枚だけで、山の景色以外のカットも含まれているのですが。

BL200816西大台5-1IMG_7422 BL200816西大台5-2IMG_7414 BL200816西大台5-3IMG_7440

BL200816西大台5-4IMG_7451 BL200816西大台5-5IMG_7448 BL200816西大台5-6IMG_7452

コース途中にきれいな渓流を横切る所が多かった原生林の西大台では、子どもたちと一緒にあちこちでコップに水をくみ、山ならではの甘露を味わいましたが、コース後半には巨岩から流れ出す「たたら力水」という湧き水もありました。
日照り続きの影響からか通りがかった際には、ちょろちょろとしか湧いていませんでしたが、飲んでみると格別の美味しさで、時間はかかりましたが保温ボトルなどにくんで持ち帰ることにしました。

ドライブウェイ終点の駐車場に戻る少し手前にあるのは大台教会。明治時代に大台ケ原を踏査した古川嵩(かさむ)が開設した神道系神習教の教会で、「福寿大台教会」が詳しい名称です。
現在の岐阜出身の古川嵩は、前日に通った東大台の牛石ケ原に立つ神武天皇の銅像も建立していますが、もちろんドライブウェイもない当時、地元の人たちの協力も得て2メートルもの像を建てるのは、一大事業だったようです。
教会では数年前まで「たたら亭」という食堂が併設されていましたが、おかみさんが亡くなって休止中とのことです。

ちなみに「たたら」とは地元に伝わる、旅人を襲ったという妖怪の名前で、同じ紀伊半島にある伯母子峰(伯母子岳)に上人の手で封じ込められたものの年に1度は自由に動き回るとされます。かつて教会で宿泊者にこの話が語られ、神武天皇が東大台の牛石ケ原にある牛石に封じ込めたとアレンジしたところテレビで紹介されて有名になり、その妖怪話を聞きにくる宿泊者も増えたということです。

最後の1枚は午前中に発行してもらい、散策中に持ち歩いていた西大台への入山の認定証。
発行には手数料がかかりましたが、同時に麓の秘湯の入浴券もいただいていて、帰りがけに立ち寄って汗を流してきました。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する