FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

大台ヶ原、山のご飯

先月中旬の夏休みに海、山に出かけた際の写真は何度かに分けて一通り紹介していましたが、後半に奈良・大台ヶ原に行ったときの食事の写真は掲載していませんでしたので、埋め草としてアップします。
連日豪華な懐石をいただくなどした和歌山・加太での食事に比べると、大台ヶ原のロッジは質素な「山のご飯」という感じでしたが、おかげで一品ずつを味わえたうえ、お米のご飯をしっかり食べることができ、これはこれで満足しました。

BL200815大台食事1IMG_7221 BL200815大台食事2IMG_7225 BL200816大台食事3IMG_7243

車で行けるとはいえ不便な山のてっぺんで、街からは遠く離れた大台ヶ原のロッジは主に山歩きのお客だけを対象にしたいわば山小屋ですので、食事がメインとなる観光地のホテルとは違って質素なのは当然。料理はほぼお盆一つで供されましたが、それでも鮎の塩焼きや猪鍋など山ならではの品も出されました。

食事時間も短めに制限され、どうしても用意が遅めになってしまう子ども連れの私たちは初日の夕食も2日目の朝食も終了時間ぎりぎりまでかかっていただきましたが、それでも私はしっかりご飯をお代わりして、お腹いっぱいになり山歩きに備えることができました。

BL200815大台食事4IMG_7222 BL200816大台食事5IMG_7457 BL200816大台食事6IMG_7470

ロッジでは、子ども向けにはお子さまランチ風のプレートが用意され、フルーツやお菓子も並んで娘は満足した様子でした。

オマケに紹介するのは帰り道に吉野の国道沿いのレストランでいただいた食事です。
大台ヶ原の2日目は、原生的な自然が残り入山制限されている西大台地区に入るための許可証を発行してもらのに手数料を支払った代わりに谷間の奥深くにある秘湯の入浴券をもらい、それを利用しましたが、その温泉施設でも国道に出たところにある道の駅やホテルでも食事はできませんでした。そしてホテルで教えてもらったのが、1時間ほど車に乗った先の吉野にある国道沿いのレストラン。

昔ながらの喫茶店を兼ねた大衆レストランといった感じの店でしたが、そのメニューは多彩で、迷いに迷ってしまうほど。
私はその中でも定番とみられるウナギと刺身の両方が出てくる定食を注文したところ、いずれもなかなかの美味しさで、お代わりができると聞きながらとりあえず頼んだ大盛りのご飯も半端じゃないほどの大盛りで、ロッジでの食事より満足できるほどでした。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する