FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

「ノラコ」発進!

「走った!撮った!高敞(コチャン)コインドルマラソン」がようやく最終回に到達しましたので、本日のネタは先にお話だけをしていた新しいバイク(自転車)の愛車です。
(実のところ高敞レポートはまだ22日の記事に写真の説明がなく、23日の記事も写真なしの「ダミー」のままですので、作業は終了していないのですが。)

先日、新天地の名古屋で十分に活躍しないまま盗難に遭って行方不明となったままの先代・「マンゴー号」に代わり私と一緒に走り始めている新たな愛車も、マンゴー号と同じメーカー・車種である「スペシャライズド」の「シラス」。
2年前に買った先代より3年新しく、販売が始まったばかりの「2011年モデル」です。

このモデルには先代と同じ「マンゴー」カラーが3年ぶりに復活したのですが、アンラッキーなこの色は避け、以前にはなかった「イエロー」を選びました。
そう、私の所属する「明走会」のチームカラーにして、このサイトの基調色であり、大阪出身で生まれながらの阪神ファンである私が生まれつき好きな「タイガースカラー」です。

そして愛車の愛称は「ノラコ」。
韓国語の「黄色い」である「ノーラン」をもじったという単純な発想による命名です。
後付けで「ノラ(ネコ)」のイメージも加わっていることにしました。
といいますのも、ウチの家ネコは白く巨大なメタボなのに比べ、ノラちゃんたちは精かんな体つきをしていますので、ロードレーサーと同様のスリムなタイヤをはいた愛車にふさわしいイメージだと思った次第です。

BL1130シラス1RIMG0463  BL1130シラス2RIMG0466  BL1130シラス3RIMG0471

タイヤは極細でも、ノラコのフレームはトップチューブが扁平な極太です(中央)。
シラスの中でも、街中を走る「下駄」代わりのバイクとしては十分のスタンダードなクラスは今回「スポーツ」と名付けられています。
その名の通り、フロントフォークは以前のようなカーブしたものではなく真っ直ぐなストレートフォークになって、ハンドルの「取り回し」がキビキビしています。

黄色い車体の背景には黄色をと撮影場所に選んだのは名古屋城そばのイチョウの落ち葉で覆われた歩道(左)。
ノラコはまた、変速機を手元で操作する方式がオートバイのように握って回す「グリップシフト」からマウンテンバイクのように人差し指と親指で引き金をひくように変速する「トリガーシフト」にレベルアップ。
これもまたスポーツの名に恥じない点なのですが、改悪されたのはペダルと靴を固定して「引き足」をきかせられるようにする「トウクリップ」が標準装備でなくなった点で、これはお店に頼んで交換してもらいました。
(というものの、○○の大足である私の靴に合うLサイズのクリップ一体型ペダルは注文中で、今は暫定的に窮屈なサイズを使っていますが。)

そして体の前傾を強め高速で走行するときや登り坂で腕力を使うときに重宝するハンドル両端の角のような「バーエンド」は、なぜか自宅に以前調達したまま使ってなかったスペシャライズド製のものが転がっていて、それを装着してもらいました。

マンゴー号が行方不明になった後、近くの警察の刑事課で対応してくれた女性に強い口調で言われたのが「ダブルロックをしてください」ということ。
カギが2つ以上あると、盗もうとする悪者もめんどうくさくなってあきらめるものだというのです。
ということで、同時に購入したのが極太で一般の工具では切れないワイヤ錠と、前後両輪もたばねてモノにつなぐことができるロングサイズのワイヤ錠(右)。

特に極太の方は、草間彌生さんデザインのような水玉模様で、魔除けとしてにらみをきかせてもくれそうで、これでモノにつなぐとまず持って行かれることはなさそうな安心感があります。

ただ、通勤コースのような短距離をバイクに乗っているだけでは体力が落ちるばかりですので、バイクはあくまでも下駄でありクロストレーニングの道具として使い、ランニングも忘れないようにしたいものです。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する