FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

お堀なし大阪城トラ

本日は大阪城トライアスロンに4年連続で出場しました。
お堀を泳ぐのが売りの大会ですが台風の雨などの影響で水質不良となり直前にスイムが中止に。それに先立ち「密」を避けるためスタンダードタイプながらバイク、ランの距離もそれぞれ約半分にされ約22キロ、4.5キロという事実上スプリントのデュアスロンになりました。

BL201011大阪城トラ1IMG_8588  BL201011大阪城トラ2IMG_8580  BL201011大阪城トラ3IMG_8586

記録は1時間9分52秒で完走した424人中285位、(数え年)60代前半男子では28人中15位。トランジションエリア内の移動・履き替え時間を除くとバイクが約39分30秒で平均時速33キロほど、ランが24分50秒で1キロ約5分半とまあまあのペース。8月と9月にバイク通勤で450キロずつを走り込むなどしたため、少し頑張れて順位も上がったようです。

今年はコロナのため予定したトライアスロンもマラソンも軒並み中止になりました。それだけに久々の晴れ舞台の緊張感はいつも以上に快く、変則の形の開催となったものの還暦・定年を前に一つの節目を刻むことができたことは、ありがたく思っています。

今回の大会では、コロナ対策として年代などで分けた各グループの競技時間の間隔が長く取られ、5秒間隔で2人ずつがスタートした上、ゴール近くでは選手以外の入場が制限されました。
それでも子どもたちは応援に駆け付け、3周回だったランのコースわきに陣取って黄色い掛け声とハイタッチで励ましてくれ、おかげで私はゴールゲートに向かう際にスパートが掛かって前のランナーを抜くことができました。後から聞くと息子も娘も「とうちゃん、すごかったなあ」と大盛り上がりだったそうです。

ランなどのパフォーマンスが今より格段に高かった若い頃なら、もっと喜んでもらえたはずだーなどと思っても仕方ありませんが、今後も息長くスポーツを続けて、徐々に年代別グループで少しでも上位を目指す自分の姿を、子どもたちに見せてやることができればと思ってしまいます。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する