FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

出雲の贈り物食卓に

前の日曜の還暦・定年を前に先月下旬に出かけた群馬、島根への一人旅は、月曜から新しい生活が始まると一気に遠い昔の記憶のように感じますが、旅から帰って数日後に届いた島根・出雲からの贈り物がこのところ食卓に並んで、かの地の風景を思い出させてくれます。

BL201102島根贈り物1IMG_5654 BL201102島根贈り物2IMG_5652 BL201102島根贈り物3IMG_5649

520人が犠牲となった1985年の日航ジャンボ機墜落事故でわずかに生き残った4人のうちの1人、川上慶子さんの伯母でブドウ農園を営む隆子さんは、現地で農園を案内してくれた際、そのわきの菜園で収穫したばかりのサツマイモを送ってくださると話してくれていました。そして私が帰宅して2日後、そのサツマイモが入った段ボール箱には出雲の名産品を幾つも詰めてくださっていました。
その日の食卓で撮ったのは、そのうち赤い大根の漬物やアゴ(トビウオ)で作った大きな竹輪、それに乾燥した海藻で味噌汁の具になるアラメ。中でも直径が7、8センチもある竹輪は子どもたちも喜んで食いついてくれていました。

出雲からの素敵な贈り物には、イカリソウの絵をあしらった一筆箋2枚にていねいで心温まる手紙が添えられていました。
その中で隆子さんは、突然押し掛けたにもかかわらず応じてくださったデートについて「余り上手に御案内出来ず申訳ありませんでした」と言われた上「御多忙なお仕事に一くぎりつかれ、又新たなお気持ちでおつとめされるのですネ。出雲よりエールを送っています」と私を励ます言葉もかけてくださいました。
そして出雲の便りの品をいただきながら、これからも仕事などで出会う人たちを大事にしながら第2の人生を歩んでいきたいものだと気持ちを新たにしています。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する