FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

朝の芋掘り玉葱植え

今週からスタートした新しい職場での仕事は、定年直前まで続いた宿直のあるシフト勤務とは違って世間の多くの人たちと同じ朝から夕方までの日勤です。
これはこれで規則正しい生活が送れて体が楽になるようですが、その半面これまでのように平日の日中に空く時間を自分のために使うことができなくなって不便にも感じます。中でも種まきや苗植えの時期が限られるなどして時間勝負になることもある家庭菜園の畑仕事は難しくなります。

そこで昨日、本日と始めているのは出勤前の早朝の畑仕事。注文していたタマネギの苗の第2弾を一昨日の夕方に受け取ったことから、既に試し掘りをしていたサツマイモの畝2本のうち1本で残りの芋を掘り上げるとともに玉葱の植え付けを2日がかりで一気に済ませました。

BL201112サツマイモ&タマネギ1IMG_9690 BL201112サツマイモ&タマネギ2IMG_9687 BL201112サツマイモ&タマネギ3IMG_9695

サツマイモは試し掘りをした畝の上流部分では大きなイモがごろごろと出てきましたが、残る下流部分はうまく根付かなかった苗が幾つもあったこともあって出来はイマイチでした。

タマネギの第2弾は昨年植えたのと同じ早生の品種100本と今回初トライする赤タマネギの50本。
早生の方は、4日前の還暦の誕生日に植えた中晩生の苗に比べて細く貧弱だったため、その大部分を昨日の朝のうちに植えてしまいました。なんとかうまく根付いてくれればと期待します。

もう1枚の写真は、こんな時期になって小さな実を幾つもつけている四季成りのイチゴ。
実は昨年のうちに移植しそびれて畝の肩部分に残った苗についたものですが、小さな実とはいえさらに成る様子とあって、苗の整理はまたまたできないままに終わりそうです。まあ、かっちりとした計画を立てるのを既にあきらめ、成り行きに任せて野菜の種類や育てる場所を臨機応変に決めることにした我が畑ですので、こんなのもありということにします。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する