FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

シルバーベル&林檎

本日も昨日に続いて外回りの仕事が中心で、気力を使ってくたびれましたが、帰宅時に一つ手前の駅で降りてスーツまま1キロ余りを走って帰宅すると、ほっとできます。
子どもたちを風呂に入れるのも一仕事ではありますし、体を洗ってあげながら「まだまだこれを続けることになるのだなあ」と思うと気が遠くなるようにも感じますが、こんなことの繰り返しこそ貴重で楽しい人生の日々なんだろうとも思います。そして食事をいただき、家で一杯飲むのもまた至福の時間です。

掲載するのは、そんな食事の後にこのところいただいている果物です。といっても、果物が大好きな自分で皮をむくことがあっても、そのほとんどを競って食べるのは私に似てさらに果物好きの子どもたちなのですが。

BL201213くだもの1IMG_5977 BL201213くだもの2IMG_5982 BL201213くだもの3IMG_5989

これらの果物はいずれもいただき物で、立派な洋ナシは定年前の旅行で訪ねた群馬・黒井峯遺跡の克己さんから、またリンゴや柿は兄から送ってもらいました。

このうち洋ナシは一般的なラフランスを改良して国内で開発されたという大型の品種シルバーベル。しばらく前に「いいものが見つかったから住所を確認させて」と克己さんから電話を受け、そのことを忘れかけていた2週間ほど後に大きな箱が届きました。
黒井峯のある渋川市より少し北にある谷川岳の麓、水上町で栽培されたもので、クリスマス飾りのベルを思わせる形の実の表面は日がたつにつれて黄色から次第に茶色へと変わり、触ってみると柔らかくなってきますが、際立つ香りと、とろけるような味わいもその時々に微妙に違って、それぞれに楽しめます。

兄が送ってくれるリンゴや柿も立派で、スーパーの安売りに比べるとやはり格段に甘く香り立ちます。
こちらの箱が届いたのはちょうど夕食が終わろうとしている時間で、インターホンが鳴って何が来たのかと話していたところ息子が「おじさんのリンゴ!」と当てたのには驚きました。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する