FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

お昼休みの長居公園

朝ごはんを食べ始めたとたん固いものをかんだかと思うと奥歯から外れた金属の詰め物でした。幸い痛みは出ず、なんとか食事もできましたが、詰め物を財布の小銭入れに忍ばせて出社後、中高の同級生でかかりつけのイシコ先生に連絡。午後イチなら診てもらえるということで、昼休みを使い地下鉄に乗って長居公園のそばにあるクリニックに出かけ、金属を詰め直してもらいました。
長居公園といえば先日、コロナ禍で周回へと変更になった大阪国際女子マラソンのコースが設定された場所。お昼のジョギング代わりに駅の行き来を走り、公園も通ってきました。

BL210209長居1IMG_1996 BL210209長居2IMG_2005 BL210209長居3IMG_1999

BL210209長居4IMG_2001 BL210209長居5IMG_2008 BL210209長居6IMG_2004

長居公園の中にあるスタジアムの前にある合掌した形の塔と、球体を真っ二つに割ったようなオブジェは別々のものと思っていましたが、よくよく見ると対を成していることが分かりました。
その手前の園内には、これまで気づきませんでしたが、お寺があり、調べてみると360年の歴史がある曹洞宗の古刹でしたが、建物は最近つくられたようで真新しく見えました。

ひしゃげた卵型を描く公園内の周回歩道は1周約2.8キロ、15周でちょうどマラソン距離になるよう設定されていて、大阪市内では市民ランナーのメッカです。
実は中学と高校のマラソン大会がこのコースで開かれた私にとっても思い出深いコースで、厳寒の中、息を切らして駆けた当時の記憶が生々しく残っています。

当時のマラソン大会は中学が7キロ、高校が10キロ。中学で持久力の要求されるバレーボールをして、高校では練習が駆けっこというワンゲル部に入っていた私は走るのが好きで、家の近くでも練習を積み、学年で2番か3番で走れるはずでしたが、毎回スタート直後に突っ込み過ぎて失速し、1学年約180人で全校合わせた中、20番台か30番台がやっとでした。
それでも7キロは27分台、10キロは42分ほどだったと覚えていて、今よりはずっと速く走れていました。とはいえ、マラソンでサブスリーを達成した頃の自分はハーフだと10キロを38分ほどで通過していましたし、10年余り前までは余裕で高校時代の自分より速く走れていましたので、中高時代の自分に追いつかなくなってしまった最近の走力の落ち込みは目を覆いたくなるほどです。

年齢による体力の低下はかくも激しいもので、数年後には息子に追いつけなくなりそうなことが怖く思えるほどです。
ただ一方で、先月下旬から平日は往復40キロの自転車通勤を続け、昼休みにはジョギングもできている自分が、今年は少し盛り返すことができるかもしれないという期待もあります。本日も昼休みの最初に地下鉄駅まで猛ダッシュした際のスピードはなかなかのものに感じました。もちろん同じスピード感で走っていても、実際のスピードは以前ほどじゃないということも承知していますが、まあとりあえずは気持ちよく走れることが大事だと思うことにします。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する