FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

大川・淀川まだら雲

今週は雨や病院での検査で平日のうち2日も電車に乗ってしまいましたが、金曜の本日は夕方にパラッと降られたものの自転車通勤をすることができました。とはいうものの午後の早い時間にリモート会議があって昼休みにジョギングすることはできず、1週間に走った距離は計20キロほどにとどまりましたが、ロードバイクでの走行距離はなんとか約120キロに達しました。

このところの自転車通勤では、朝方によほど強い向い風が予測される日を除いて行きは淀川・大川沿い、途中で暗くなる帰りは大通りを走るというパターンが定着していて、本日も往路は川沿いの河川敷や堤防の専用道路を快適に飛ばして出勤。その際に撮った3枚を掲載します。空にはまだらな雲が広がり、柔らかな春の日が降り注ぐ中、やや追い風とあって自宅を出たのは少し遅めだったものの淀川で35キロほどを出して走るうち余裕が出てきたというわけです。

BL210416バイク出勤1IMG_3651 BL210416バイク出勤2IMG_3649 BL210416バイク出勤3IMG_3646

淀川沿いではほとんど河川敷を走りますが、大阪市旭区の城北公園近くで河岸に沿って流れが淀む池状のワンドが広がるあたりだけは、下の自転車道路の舗装が不十分なためガタガタになっていて、スピードが落ちるうえパンクの危険性もあるため堤防に上がることにしています。ちょうどこの部分は、淀川沿いから旧淀川の大川沿いに入る毛馬閘門(こうもん)から3キロの地点があり、路面の距離表示を撮りました。

再び河川敷に下りて毛馬閘門と淀川大堰が近づくと、JR大阪駅周辺のビル群が迫ってきます。ここはついカメラを取り出したくなるお決まりのスポットで、いつもは摩天楼をアップしがちですが、本日はまだら雲の空を大きく入れて広角で引いた絵を撮りました。

大川沿いに入って間もなく、支流の運河に架かる小さな橋を渡るところでは、同時に阪神高速をくぐることになり、その先で右へと曲がる川も絡めて絵になる景色が展開しますが、今朝はちょうどこのあたりを練習フィールドにしている大学生のボートが通りかかり、とっさにバイクを止めてカメラを向けました。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する