FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

電車で私市ハイク1

昨日の日中に降り続いた雨がようやく上がった本日は当初、ワラビ採りの第2弾として大阪府南部の名峰・岩湧山を5年ぶりに登ろうかとも思いましたが、曇天で気温があまり上がらず降雨確率も30%という予報となったため、子ども2人を連れて京阪・私市(きさいち)駅から府民の森・くろんど園地を歩く近場のハイキングに出かけました。

定年までのシフト勤務から外れて、宿直明けに定番としていた府民の森での帰宅トレランができなくなってしまい、春の森の様子を久々に見に行きたいと思ったことも、近場の山歩きに子どもらを連れだす理由となりました。また、これまで府民の森に家族で出かける際は、娘が長い時間の山歩きだと集中力が続かないこともあって、山懐まで一気に行ける車を使っていましたが、先ごろ吉野山で彼女が全コースを歩き通せたのを見て、電車を利用した本格的なハイキングも可能だと判断しました。

そして実際に出かけてみると、途中で少し雨に降られて肌寒い日だったものの、子どもたちは大人でも半日いっぱいはかかるコースを難なく踏破。途中のくろんど池畔の店で、持参したお握りと一緒にうどんやおでんを食べるランチをしたり池でボートに乗ったりしたのに加え、電車の行き帰りもアトラクションになって大満足したもよう。オヤジの日曜のミッションを果たした私は帰宅と同時にへたり込むほど疲れましたが、子どもたちはそのまま休みなく外に出て、暗くなるまで近所のお友だちと野球遊びに興じるほど元気で、山歩きでも逆に着いていけなくなる日が遠くないように感じました。
ハイキングで撮った写真を3回に分けて掲載します。まずは、ランチ休憩をしたくろんど池までの9枚です。

BL210418私市ハイキング1-1IMG_3680 BL210418私市ハイキング1-2IMG_3682 BL210418私市ハイキング1-3IMG_3687

BL210418私市ハイキング1-4IMG_3701 BL210418私市ハイキング1-5IMG_3696 BL210418私市ハイキング1-6IMG_3693

京阪・交野線の終点、私市駅から大阪・奈良の府県境を越えたところにあるくろんど池までの約3キロは、途中に滝もかかる渓流沿いを歩くことができ、ハイキングがブームだった昭和の時代以来、「きさいち」と呼ばれるこのあたり一帯の里山のメインコースです。ただ、駅周辺に駐車場がないことなどから車を使っての山歩きでは通りづらく、核心部を歩くのは子どもたちにとって初体験。
そのためもあって、滝に絡む急な階段や流れのすぐ近くを歩くなどスリリングなところが連続すると2人とも俄然はりきって、息子は「初めてのコースは楽しいなあ」と話してくれました。

道すがらでは散り残った桜や落ち始めたツツジのほか、コデマリなど春の花を楽しむこともでき、あっという間に池まで歩き切りました。

BL210418私市ハイキング1-7IMG_3705 BL210418私市ハイキング1-8IMG_3717 BL210418私市ハイキング1-9IMG_3706

ただでさえ肌寒かったのに加え、くろんど池に着く直前になって、にわか雨が降り始めたため、ランチは池のほとりに2軒ある食堂のうちの1軒に入って、暖かいうどんやおでんを注文したうえ持参したおにぎりをいただきました。
食後には雨も上がり、写真にはありませんがハクチョウ型の足こぎボートで池をぐるりと回り、アヒルやコイにエサを上げた後、再び山道に戻りました。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する