FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

ニンニク、ジャガイモ

梅雨の中休みで晴れ間が広がった本日は、午前も午後も少しずつのんびりと畑作業をしました。
午前中には、葉が黄色くなってきたジャガイモをさらに掘り上げたほか、イチゴの畝の縁に並べて植えていたニンニクの残りも一斉に掘って収獲を終えました。

BL210530ニンニク馬鈴薯1IMG_4925 BL210530ニンニク馬鈴薯2IMG_4932 BL210530ニンニク馬鈴薯3IMG_4930

ジャガイモは定番の「男爵」と赤い「アンデスレッド」の2種類を植えていて、少し遅れて植えたアンデスはまだ葉が青々としていて花も咲いていますが、男爵の方はしばらく前から順次、葉が黄色く枯れて収獲適期になっていて、前の日曜にも5、6株ほどを掘りました。そして本日も、ここ2日ほど雨が降らなかったうえ晴れて絶好の収獲日和になったため、さらに同じぐらいを掘り上げました。
ごく緩やかに傾斜した畑のうち最も「上流」部にあり、乾き気味で肥料も少な目というジャガイモにうってつけの畝に植えていたとあって、収穫量は上々で芋の皮もすべすべ。大きな芋が欲しいときは1株2、3本に「芽かき」をするように言われているところ、子ども向けに小さ目の芋も取れるようにと3~5本ほどを残して育てた結果、一口サイズも多いちょうど良い大きさとなっています。

ニンニクも今シーズンは大きく膨れたものが多く、上々の収獲。イチゴの目隠しとしてある程度残しておこうとしたところ、少しばかり時期が遅くなりましたが、本日分だけで30個ほどが取れました。
収穫後は根っこを球根の近くで切り落とし、葉の上部も切り取ったうえ、土を取りのぞくために薄皮をはいで数個ずつの茎をまとめてヒモでしばり、ベランダに吊るします。写真では、掘った直後と吊るす前の状態を撮っていてますが、収穫時期が遅過ぎて皮を厚めにむかざるを得なくなった数個は、切片がほぼ裸になってしまいました。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する