FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

増田明美さんメッセージ

マラソンの名解説で知られるスポーツジャーナリストの増田明美さんは昨年2月に銀座で開かれた写真展に続き今回の「走った!撮った!わが町マラソン」も全面的に応援してくださっています。

増田さんはフライヤー(ちらし)に掲載させていただいたメッセージに加えて、会場に展示しているパネル用のスペシャル・メッセージも贈ってくださり、本日は、このパネルを紹介するとともに、オープニング・パーティーで披露していただいた祝辞の内容もご紹介します。

BL110624増田さん1R0012859  BL110624増田さん2R0012922  BL110624増田さん3RIMG2601

増田さんが贈って下さった会場用スペシャル・メッセージは、増田さんの故郷が舞台の「いすみ健康マラソン」のコーナーの先に、A1版という大きなパネルに印刷して飾っています(中央)。
パネルには、いすみを走っている途中、ランナーを励ますためにコース上に現れた増田さんと撮ってもらったツーショットの写真を添えさせてもらっています。

写真展の開催自体が急に決まったことから増田さんにメッセージを依頼したのも、あまり時間的な余裕のない時期でしたが、増田さんは先に欲しかったフライヤー用のメッセージをあっという間に届けてくれた後、会場用については「心を込めて書きますね」とおっしゃって時間差で仕上げ、それでも私が自分のあいさつを書くより早く届けてくださいました。

いただいた文章は、ご覧の通り、すばらしいもので、これを見て私は自分の文章が書けなくなりました。
特に私の文章が「シャープで文節が短い」と指摘してくださっているのは、どう考えてもリップサービスです。
でも、マラソンやご自身の故郷に対する愛情も盛り込んで、暖かさと心遣いにあふれています。
軽妙洒脱な文章の言葉遣いとリズムは、もう芸術で、まさに詩人が書いた文章と言えるでしょう。
このメッセージは私にとっては、とても貴重な宝物で、これを贈っていただいただけでも今回の写真展を開催した意味があったと思っています。

左の写真は、オープニングの2次会での1コマ。
私の右はオープニングでブラジルへの赴任直前に「最後の司会」をしてくれた森口信義さんの妻で国際級の快速市民ランナー・さつきさん。後方は人気作家の衿野未矢さんと明走会の重鎮で山ヤでもあるサミーさん。
増田さんは、翌朝からの出張のため当初2次会は出られないと聞いていましたが、盛り上がる一方の雰囲気に流されてくださいました。ありがとうございました!

そして肝心のオープニングでは、増田さんはメーンゲストとして1番手で祝辞を贈ってくださいました(右)。
オープニングの「速報」で紹介した写真は、主役である私が、はしたなくも自分で撮ったものが中心でしたが、この写真は、私のイラストを描いてくれた敏腕イラストレーターの柴山英昭さんが撮影してくれました。
増田さんの真後ろに見えているのは、ご主人で秘書の木脇祐二さんです。

というわけで、いよいよ増田さんにいただいた祝辞を以下に紹介します(お言葉づかいは、ほぼそのまま)。

【増田明美さんの祝辞】
辰巳さんのおかげで毎年ここで、去年(2月の銀座)もそうでしたけども、この写真展でお会いできるいい方々がたくさんいらっしゃって、なんか集まる場所をつくってくださって。
辰巳さんを通して集まっている人って、なんかみんな品がいいんですよ。本当にうれしく思います。

先ほどからお話してましたので、皆さんの走られる自己ベストをうかがっていまして、たぶん私、この中で一番遅いランナーではないかなって。3時間12分とかね、2時間台とかいらっしゃって。

本当に楽しいですね。
ここに、写真展に入ってきた瞬間に口元がゆるんでしまうっていうのは、何でしょうね。写真の力ですね。
一瞬をとらえている辰巳さんのこの感性?私、お兄さま(辰巳琢郎)とも親しいんです。俳優の。
(開会後に入ってきた兄に気付かれて)ええ!これがお兄さまです。(会場から拍手)
今、お兄さんのことしゃべっていました。写真も一瞬を切り取って、感性がすばらしいですけど、お兄さんは、俳句を一緒にやってまして、俳句がうまいんですよ。
だからね、たぶん遺伝的に、そういう頭も良いし、感性もすごいっていう、なんかそういうのなんですよね。

いすみにも来ていただいて、ありがとうございます。Qちゃんのところ(岐阜)にも行ってくれましてね。
写真からね、その土地の匂いが漂ってきて、いすみの人(いすみ健康マラソンの実行委員のお2人)が全部欲しいって言ってましたんで、また町の方でも(写真展示を)やると思いますけど、町の人も喜ばせてください。

本当に今日はハッピーにしてくださってありがとうございます、辰巳さん。

どうぞ、この丈夫な脚と感性で世界も日本も撮り続けて、いい仲間をたくさん増やして、こういう会をいっぱい開いてください。
今日は本当に、ありがとうございました。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する