FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

OSAKA初日は盛況!

写真展「走った!撮った!世界のマラソンOSAKA」は、おかげさまで盛況のうちに初日を終えました!
午前のうちは、中学・高校の同窓生と懐かしい再開をする機会に恵まれましたが、午後には高校時代の恩師まで来場してくれたうえ、関西の駆けっこ仲間や、仲間のマスコミ関係者も駆けつけてくれました。

BL111020OSAKA初日1R0016968  BL111020OSAKA初日2R0016967  BL111020OSAKA初日3RIMG0709

関西明走会などの駆けっこ仲間らによる「祝賀会」は3日目に予定されているのですが、それに先だって来場してくれたのは、先日、会場を下見した後に、同窓生のジダンさんやデザイナーの尚さんらとの飲み会に合流してくれた「チームジダン」の美人トレイルランナー・YASUKOさんと、ご友人(左、YASUKOさんは中央)。

関西明走会・チームジダンからは、8月に「おんたけスカイレース」を一緒に走った美人トレイルランナーの、ゆきてぃさんも、仕事を早退して駆け付け、夕方の受け付けをしてくれました(中央、ゆきてぃさんは左)。

やはり関西明走会のメンバーで、関西マスコミ界きっての快足ランナーである「むうさん」ことM新聞社学研・宇治支局長の弘一さんは、ただ駆け付けてくれただけでなく、写真展についてガッチリ取材(中央の中央)。

弘一さんとともに、自らの練習会に先立ち、お花を手に来場してくれたのは、今月9日の東京夢舞いマラソンにゲスト参加して、その際に写真展についての収録取材を、やはりガッチリしてくれた「若ちゃん」こと、KBS京都ラジオの走る美人パーソナリティー・若林順子さん(中央の右)。
若ちゃんは既に前の日曜の番組で、夢舞いの際に取材してくれた内容をオンエアしてくれていて、10分間のコーナーのうち「9分間は辰巳さんのおしゃべりでした」ということです。

30年以上も前と何ら変わらない元気な姿を見せてくださったのは、高校時代の恩師である白土先生(右)。
日本史の教師であり、陸上部の顧問で(私はワンゲル部でしたが)、ラグビーの同好会をつくって生徒と一緒にプレーをするとともに公式試合の審判員も務めてられた白土先生はまた、授業の中での「自由選択クラブ」で「ランニングクラブ」を率いられていました。

私が本格的にマラソン大会に出るようになったのは、30代になってからですが、実は高校時代にワンゲル部の練習で良く走っていたほか、このランニングクラブにも参加。
約1キロあった学校の外周を全力で駈けることの快感を覚えたことなどから、自宅の近くでも、1週間に何10キロも走るような自主トレーニングを積みながらオリンピックのマラソンランナーを夢見たものでした。

実際には、そんな程度の練習で本当に速く走れるようになるはずもなく、結局のところ私は、山登りや芝居に没頭していったのですが、トシを食ってからようやく一人前の市民ランナーになって、走りながらの写真撮影をするに至った私の下地をつくってくれた張本人の1人が白土先生だったというわけなのです。

BL111020OSAKA初日4R0016979  BL111020OSAKA初日5R0016994  BL111020OSAKA初日6R0016996

今回の写真展はリバイバル展示が中心となったことから、これまでの写真展のように派手なオープニングをすることは控えましたが、初日は初日で、無事に開幕できてホッとした気持ちを抱いて一杯やりたいもの。
そんな気持ちをかなえてくれたのが、夕方の受け付けに続いて大阪の夜に誘い出してくれた、ゆきてぃさん。

ギャラリーを後にした私たちは、大阪・天満の安くて美味しいモツ鍋屋さんに向かい、店にはその後、おんたけスカイレースをやはり一緒に走った関西明走会の快足・長身ランナー・俊彰さんも駆け付けてくれました。

美味しい食事とお酒、それに楽しい仲間たちにも恵まれて、気持ち良くなった私は、写真展に向けた準備の疲れがどっと出て、記念写真を撮られるためカメラを向けられても、まぶたが閉じがちに。
最後には、割り箸を支えにして目を開ける努力をしなければならないほどでした(右)。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する